FC2ブログ

涙の続き

とてもハードな日々の中で、分かち合える友と、亡くなった方の素晴らしさを語り合い笑い合い涙することが出来る幸せに感謝しています。
突き詰めていくと、この何日かの秀樹さんへの感情は、恋に似たものなんじゃないかと気付きました。
歳を考えるとちょっとお恥ずかしいですが、多分そんな感情ではないかと思われます。自分でも苦笑してしまいますが。

泣き笑いはまだ続いていますが、明日からの日々に向かわなければいけませんね。


20180527232643116.png



こんな感じで進めています。





スポンサーサイト
  1. あれこれ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

お通夜

西城秀樹さんのお通夜に行って参りました。

おそらくはご自身の青春を捧げた方ばかりの中で、にわかファンの私は場違いではないかとも思いましたが、ここ何日かのどうにも説明のつかない胸の痛みが、行かないと収まらないものと感じ、馳せ参じました。

職場の理解と、今朝半泣きしていた私の背中を押してくれた同僚と、コアなファンであったことがその時に判明した同僚の思いがけない導きによって参列出来た事、全てに感謝します。

斎場で曲が流れる中、コアなファンに混じってにわかファンも結構唄えて、この身に染み込んでいた歌詞とメロディーから秀樹さんの偉大さを改めて感じました。

やはり個人的には『傷だらけのローラ』を唄ったロン毛の秀樹さんが色っぽくて甘やかで好きではありますが。

毎日のようにテレビから流れていた曲の数々。
忘れませんよ。秀樹。






  1. あれこれ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

L'amour et les joies(愛と喜び)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

  1. La clef ( 鍵 )
  2. [ edit ]

Au petit matin(早朝に)

201805131129045d9.png



『夕べの雨が嘘のようだな。』

『そうですね。
雨で洗い流された緑が美しい。』

『ふむ。
連日早朝からの勤務で、すまんな。
今日はまだ中日だから、何もなければお前は早く帰宅して良い。』

『いいえ、その様なお気遣いは無用でございます。
私は最後までお供致します。』

『優秀な副官殿には、明日居残りを頼むかもしれん。
今日は私の言う通りにしたまえ。』

『命令とあればその様に。』




  1. Oscar et ……
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

似た者同士

20180509173953225.jpeg



CLIP STUDIOのスクショを初めてやってみました。
右側にはナビゲーターとレイヤーがありますが、カットしました。
楽屋が知れてしまってお恥ずかしいですが、こんな更新もたまには良いかなと思います。
カラーヒストリーの中で今も活きているのは、左側のOはだ、O肌かげ、唇、右側のホワイトとペンぐらいなものです。
まめに再登録しないととは思いますが、思うだけです。笑

よく考えてみると、前にもこんな絵を描いていまして、そんなに好きな構図なのかと苦笑いしています。
この角度なら下のが良いなと思いますが、その角度にすると上も気になる。
どうせ描いているうちに変わって行きますし、そんなに大きな分岐でもないのですがなんだかんだと迷います。
こういう時は一度シャットダウン。
家事をします。




  1. あれこれ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Un homme dangereux(危険な男)

『例えば。お前のその目に埃が入ったとしよう。向こうから貴公子が近づいて来て、大丈夫ですか?と聞かれたとする。』

『…?』

『大丈夫ですかと聞きながら、そいつがお前の髪に鼻を寄せて来たら、お前はどうする。』

『ふふ…剣帯の軍人にそんなことするやつの気が知れんな。』

『無礼者とでも言って、ぶった斬るのか?』

『護身術で投げ飛ばす。貴公子を斬るわけにはいかんからな。』

『そうは行くかな。すかさず相手はお前の首筋を狙ってくるぞ。耳にふっと息を吹きかけてくるかもしれん。俺が言いたいのは…お前はそんな事に慣れていないから…つまりお前は隙だらけだ。』

『何を!』

『男なんてそんなもんさ。ほら、身柄確保…。』



201805061234325c7.png





『続きの完成』の続きです。
随分とふざけていてすみません。汗
どうもしっくりこないので、また描いていました。
絵と文章があっているかしら。

これで終わりにします。



  1. Oscar et André
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

続きの完成

20180505215028433.png



途中だったので、手を加え出したら止まらなくなりました。
寄りかかる寸前という感じで描きましたがその後の事は妄想にお任せ(丸投げ 笑)してしまおうかと思います。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか。
庭のベニカナメを脚立に乗って切りました。届かないところが気になりますし、まだ半分なのですが、なかなか良いストレス解消になりました。結構好きです、ぶった斬るの。笑




  1. Oscar et André
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Cadeau de fête des mères(母の日のプレゼント)

201805031110389ae.png


『オスカル、入るぞ。
…どうしたその格好は。』

『ああ、これか。
以前母上が、ご自分のローブを私の寸法に仕立て直してくださっていたものだ。
これから髪をあげて晩餐に出るが、母上には内緒にしてくれ。』

『お前によく似合う。』

『私の好みに合わせて下さったのだな。
こんな風に袖を通してみて初めてわかった。
元はフリルやリボンで飾られたものだった。
まだお前が来る前によくお召しになっていたのを思い出す。』

『そうか。…奥様、喜ばれるぞ。』

『ふふ、今日の日の祝いに何をしようかとばあやに相談したら、これを勧められた。
こんな格好はそう何度もするものでもないが、今日は特別だ。』

『…では、俺は退散するとしよう。
すまなかったな。
危うく、女性のお召し変えの最中を目撃するところだった。』

『そうだ、お前も着替えて席に着くというのはどうだろう。
お前の母上に見せるつもりで。』

『俺は…俺は遠慮するよ。』

『ちょうど今日はうるさい父上もいない。
召使いには箝口令を敷くから、私の企てに付き合え。』

『そこまで言うなら仕方ないな。
付き合おう。』

『ふむ。では晩餐の席で。』




フランスでは、今年は5月27日が母の日だそうです。

当初考えていたものとは絵も文章も違うのですが、こんな感じでやっと落ち着きました。


この間、『王様のブランチ』に理代子先生がご出演されていましたね。
私は不在でしたので、録画で観ました。
本当にベルは完結してしまったのですね。
やっぱり少し寂しいです。


5月3日11時ごろ画像を差し替えました。
前のものにも温かい拍手をありがとうございました。




  1. Oscar
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


« 2018 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR