FC2ブログ

La mémoire (記憶) 三が日に寄せて

『命尽きても、それが終わりではない。』

『・・・天の方の采配とは言え、実際その先の事は誰も教えてはくれない。願わくば楽園に辿り着きたいものだな。』

『ふふ、そうだな。だが、もし、お互いを忘れることが楽園の門に入場する条件だとしたら、お前はどうする?』

『それは・・・』

『・・・忘れて、もう思い出す事も出来ない。そこにいるのは、お前の記憶などどこにもない私だ。』

『・・・離さない。絶対に。例え記憶をなくしても、またお前を愛する。』

『・・・アンドレ・・・』

『いっそのこと地獄に落ちるか、一緒に。煉獄の苦しみは俺がまとめて引き受けるから。』

腕の中の人は、零れる涙をそのままに口元を緩めた。





悲しみの果てに㊷-350









スポンサーサイト
  1. 三が日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La princesse endormie(眠り姫)

『そんな夜も、目を閉じれば朝は必ずやって来る。』

『だからって今日あった失敗を、無かったことには出来ないだろう。』

『それはそうだが、明日の事を今日心配しても気が滅入るだけだ。私なら天の方へを祈りを長めにして終わりだ。』

『そんなものか。』

『ああ、心配はいらない。天におられる方がよろしくやってくれるはずだ。』

『よろしくって…』

『いいか、今夜は良く寝て、明日の遠乗りに備えるように。わかったか!』

『わかったよ…。おやすみ、オスカル。』

『おやすみ、アンドレ。』


眠り姫45-350


夜明けが来る。
触れれば、お前は目覚めるだろう。
穏やかな寝顔、眠り姫。
胸に刻む、永遠に。



11時30分ごろ、画像を差し替えました。
前のものにも温かい拍手をありがとうございました。








  1. 三が日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Le silence(静寂)

アンドレ…

私は

野に咲く花になろう


201807152117510f7.png




お前と一緒に。





今年の三が日は、この一枚です。
更新がいつもの年のようにはいきませんでしたが、限りある時間でなんとか形に出来て満足です。


15日21時30分に画像を差し替えました。
何度もごめんなさい。
これでpixivに投稿します。
前のものにも温かい拍手をありがとうございました。





  1. 三が日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Avec toi (お前と一緒に)

2017年三が日に寄せて 2







16日23時頃画像を差し替えました。
これで終わりにします。

記念日なので背景をもうちょっとなんとかしたかったのですが、諸事情ありまして断念しました。
でもこのレース素敵なので、これからも多用するかもしれません。

前のものにも温かい拍手をありがとうございました。






  1. 三が日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Un éphémère (かげろう)

2017年三が日に寄せて



幾度となく呼び合ったその名が、今は違う響きで夜半(よわ)の静寂に溶け合う。
お互いの声は、きっと出会った時から約束されていたのだ。

何者だ…
繰り返し寄せる激情と恍惚の狭間で揺れるのは。

来し方も行く末も案じず、怒りも恐れもなりを潜め、優しい温もりが全てを包みこむ。
私達は確かに、今を生きている。


『…起きていたのか?』

『お前があまりに儚い姿をしているから、かげろうのようにどこかに飛んで行ってしまうんじゃないかと心配でな。』

『馬鹿な…』

『お前が飛ぶ時は俺も…置いて行くなよ。』

『ふふ、…お前なしでは飛ばぬ。安心して休め。』






『…どうした。』

『わからぬ…なぜ涙が…。』











  1. 三が日
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »


« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR