Fête de noël d'Oscar et Florian (オスカル様とジェローデルのクリスマスパーティー)



『オスカル嬢、なんと麗しい!』
『最高の装いをしろと父上に命じられた、あの舞踏会を台無しにした罪滅ぼしだ。』
『では、私の為に?』
『まあそんなところだ。こんな格好はそうそうしたことがないが、私の姿はどうなのだ?』
『言葉に出来ない美しさでございます。私の為とは…ではあの時に出来なかったダンスを踊って頂けるのですか?』
『その為に来た。』
『おお‼︎ なんと嬉しい事!では、私にお手を預けて下さるのですね。』
『ダンスの間だけだが。』
『光栄にございます。
今宵は貴女様のシュヴァリエとして私をお役立て下さい。』
『それにしても、なぜその格好なのだ。私はクリームヒルトでお前はグンテル王ではないか。兄か…。』
『王妃様の御用を済ませて参りましたら、これしか残ってなかったのですよ。これでは貴女様の兄上になってしまいますね。
ジークフリートの衣装はどなたが身に付けていらっしゃるのでしょう。貴女様の夫役ではなくて少し残念ですが…。』

前から描いてみたかった『オルフェウスの窓』の中でユリウスやイザークが演じる『ニーベルンゲンの歌』の衣装を描いてみました。
と言っても、後ろからで上半身だけです。
おまけにマントも描いていない。
なんとも中途半端な。
今回はペン入れはせずに、鉛筆描きのものを画像処理しました。
この青い線、ちょっとマーガレットっぽくて気に入りました。

仕事終わりのFête de Noël (クリスマスパーティー)。
衣装は会場に行ってのお楽しみということで、ジェローデルはちょっと遅れてしまった為にグンテル王の扮装に…という設定でお願いします。
いつもの従僕くんはどこかで見ているのがいいかな…。
それともオスカル様お忍びということにしますか…。
そっちの方が良いかも。

この衣装のスカートのテロんとした感じが、体の線を良い感じになぞっていてちょっと色っぽいのです。
クラウスと走って逃げるシーンや校長先生を死なせてしまった事から錯乱状態になり劇の途中で倒れてしまうシーン、クラウスを追ってロシア行きを決心するシーン。
クリームヒルトの衣装を身に付けたユリウスの体つきは、私などでは逆立ちしても描けない美しさです。
オスカル様が纏うオダリスク風のローブもマリー様がお召しのロココのローブもときめきますが、私の中ではこのクリームヒルトの衣装が一番です。

今度は前から描きます。
これでは何も伝わらないですね。

舞踏会で、ローブ姿のオスカル様と踊るはずだったジェローデル。
新エピをみると、彼はオスカル様を一途に愛することを定められているようです。
親に愛されず寂しい子供時代を過ごしたことから培われた洞察力で、何もかも持っているようにも見える彼女の心底を察し、共に生きようとする彼。
この時代、貴族と貴族の結婚など形だけのものと言われていたかもしれませんが、彼はそんなのは望んでいなかったのかもしれません。
愛のない形だけのそれなら、彼には必要のないもの。
オスカル様を無理矢理に我がものにしようなどとも考えなかったと思います。
ベルの中で一番貴族然としているように見える彼ですが、それを手放しで良いものだとは思っていなかったのではないでしょうか。
本当の愛、本当の結婚、本当の幸せ。それを探しそれを求め。
彼が欲しかったのは嘘偽りのない、温かく穏やかな慈愛。
オスカル様に真っ直ぐに愛されたかったのでしょうね…。

それにしても、オスカル様あの時上手に断りましたね。
自分の恋愛期間にこの手を使ってみたかったなんて思ったりして。
私にはそんな相手は残念ながらいませんでしたが。
ジェローデルにとっては残酷な断られ方です。
いっその事、嘘でも良いから嫌いだと言ってもらえれば彼も次の人生にシフト出来たかもしれないなと思います。
ああ、それはアランも同じでしょうか。
オスカル様は、ちと罪作りなお方です。

あらあら長くなっちゃいました。
オスカル様の誕生日企画なのに、なぜか彼のことになってしまって。

お付き合い下さいましてありがとうございました。


追記です。
最初に拍手してくださった方。
ジェローデルの鼻にゴミが写り込んでいましたので、画像を変えてしまいました。
ごめんなさい。



スポンサーサイト

  1. 誕生日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR