フェルゼンのお誕生日

フェルゼン伯の誕生日です。
はっきり言って私は、フェルゼンの魅力がいまいちわかりません。
あの時代、貴族なら愛人の一人もいて当たり前だったのかも知れませんが、マリー様への想いがどんなに深くても、愛人がいた事実だけでもう…。
はい、勉強不足でもあります。

とはいえ、私財を投げ打って国王ご一家を助け出そうとする彼の一途な、そして執念を通り越し狂気まで感じさせる行動は、もはや兄弟さえも助けてはくれなかったマリー様の最後の希望の光であったのだと思います。
きっと、私などでは到底想像出来ないほどの愛がそこにはあるのでしょう。

『フェルゼンは、実存したアンドレ。』
一度だけ作者様の講演会に行った時に伺ったお話しの中で、雷に打たれたような感覚に陥った言葉です。
とても深くて未だ思考が及びませんが、ただその言葉だけでフェルゼンという男性が少し近くなった気がしたのも事実です。

それでも私は、まだまだ彼を知るまでには至っていません。



スポンサーサイト

  1. 誕生日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR