拍手コメントのお礼(11月30日〜12月30日)

いつもご覧頂きましてありがとうございます。
拍手コメントのお礼をさせて頂きます。


匿名様
『拍手コメントのお礼』にコメントをありがとうございました。
お祝いのお言葉、ありがとうございます。1人片付きました。
主のいなくなった部屋が少し寒々しいですが、そのうちに私の部屋にしちゃおうかと思います。


り様
『フエルトの隊長と連隊長』にコメントをありがとうございました。
なんでも自己流なので上達する事もありませんが、子供の為とか友人の為というのが原動力になっているようです。
その昔は子供のズボンもブラウスも上着も縫いましたが、今ミシンがあったらと思いながらも、これからいったい何を縫う?なんてことで購入出来ずにいます。
編み物も好きなのですが、手荒れが酷くなるのでそれも難しいですし。
そう考えれば、今の私にはフエルトで手縫いというのがぴったりという感じです。
私もご縁は大事に思っています。
お立ち寄り嬉しいです。


は様
『拍手コメントのお礼』、『金と黒』、『クレルダムール3』にコメントをありがとうございました。
音楽集の優しさの贈り物は、それぞれの楽器の音色が締まっている感じがしますね。
私は、朝聴かないと落ち着かない体になっています。笑
仕事前のルーティーンですね。
『金と黒』
画像加工でとも思いましたが、思い通りの色は私の腕では出ませんので、肌の色以外は黄とゴールド、黒とシルバーで描きました。
陰影をもっと出したいところですが、喜んで頂けて嬉しいです。
こんな感じのをまた描きたいと思わせて頂きました。
ボキャ貧だなんて仰らないで下さいね。
ずっと以前ですが、『あなたの絵、好きよ。』とコメントを頂いたことがあります。私はもうこれだけで充分だと思っています。
飾らない言葉が胸に響きますから。
彼女が我が家に直談判しにいらした時のことは、いつか動画サイトにでも出しましょうか。笑
描いている人が思う以上に読み込んでいらっしゃって本当に感謝です。
描かんとした萌えどころもしっかり抑えて頂いて感激です。


夕様
『金と黒』、『クレルダムール3』にコメントをありがとうございました。
ブラヴォーのお言葉、確と頂きました。笑
お誕生日企画も喜んで頂けて嬉しく思います。
お立ち寄りもありがとうございました。


ば様
『金と黒』にコメントをありがとうございました。
黒いペンで描くのは茶のペンより緊張しますが、サクサクという感じで気持ちが良いです。
本当はGペンで描ければ良いんですけどね。
フランス語。
発音は酷いですが、ラ・マルセイエーズをそらで唄えるようになりました。
フランスで暮らしてみたいですが、いろんな言い訳をして逃げている自分もいたりして。ヘタレですね。


ロ様
『黒と金』にコメントをありがとうございました。
お誕生日企画、頂いたコメントをヒントに描きました。
ベルナールをアンドレと間違えるというのは考えていたのですが、どんなシチュエーションでそうなるのかは答えが出ずに困っていました。
お話は満足のいくものが出来ました。感謝です。
なぜ手描きか。
最終調整はデジタルですが、デジタルて描くというので、自分の欲求が消化できるのかわからないというのがあります。
勉強する頭も時間もないので、しばらくはこのままいこうと思います。
宜しければまたお立ち寄り下さい。お待ちしています。


ち様
『クレルダムール1』にコメントをありがとうございました。
お察しの通り、お二人には喧嘩をして頂きました。かけ離れた話で恐縮ですが、楽しんで頂けていたら嬉しいです。
こちらこそよろしくお願い致します。


み様
『クレルダムール3』にコメントをありがとうございました。
初めまして。
ピュアなお人柄が伺えるお言葉で、心が温まりました。
もともとこのブログは拙い言葉で綴っていまして、補うようにこれまた拙いイラストを添えているという有様でして、気取った何かは置いていません。
コメントはどうぞ思いのままに。
誠実なお人柄は伝わっています。
またお立ち寄り下さいね。
お待ちしています。


たくさんの温かい拍手に感謝致します。
次作への励みにしています。


随分と日が経っていますが、アントワネット展と山岸凉子展に行って参りました。

アントワネット展では、マリー・テレーズ(マダム・ロワイヤル)の肖像画にしばし目を奪われました。
アントワネット様の美しさもさることながら、この方の透き通るような肌、あどけなく微笑むお顔に、その後の数奇な運命を思い涙が。
子供達の成長と幸せな未来を願っていたであろう、親としてのアントワネット様の無念も伝わってきたのでした。
お召しになっていた下着も靴も涙を誘います。
煌びやかなローブに身を包みポーズをとる彼女の前では、史実の一つ一つが現在の世に反映されているとしても、彼女の死に様はどうにかならなかったかと、しばし思いを巡らせました。

山岸凉子展は、やはり日出処の天子につきます。厩戸の妖しい艶っぽさが際立っていました。装束のひだにかかる柄のズレまで丁寧に描かれていて、見事で誠実な手仕事の在り方と、描き手の矜持も見せて頂いた思いでした。
近づきたいです。汗
『ちょっと描くわよ』と描いて行った萩尾望都さんによる背景も唸るほど素晴らしかったです。
私が美術館に着いた時、丁度運良く学芸員さんによる解説が始まったところでした。お聞きする事が出来て本当に良かったです。
日出処以外はあまり存じ上げず、実はそれも内容についてはうる覚えでして。汗
美術展などにいつも一緒に行く友人の快諾がなければ、今回も行かなかったかもしれません。
でも、一枚一枚の絵に込められた気迫は直に観なければわからないものですね。行けて良かったです。


明日は大晦日。
出て行った人が新年の挨拶に来るらしいので、掃除しなきゃです。
少し煮物も作ろうかな。

そしてそして
皆様、今年もお世話になりました。
また来年ここでお会いできると嬉しいです。
良いお年をお迎え下さい。

それでは
またのお越しをお待ちしています。


何もないのもなんなので、おまけにもなりませんが黒ペンの試し描きを置いておきますね。







スポンサーサイト

  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/12/30(金) 21:30:16 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. 2016/12/31(土) 18:14:58 |
  2. URL |
  3. lesyeuxsaphir
  4. [ edit ]
摩さま、コメントをありがとうございました。

弥生美術館には17日に行きました。
解説を伺える日があるのは知っていたのですが、その日のその時間とは思ってもいませんでした。
美術館の方ともうお一方お話をされていましたが、その方の紹介の後に合流したのでどのような方なのかわからないままでした。
後の説明で、山岸凉子さんや萩尾望都さんと一緒に海外に行かれたと仰ったような気がしましたが、どうだったでしょう。
私の連れは、『そうだった?』なんて言ってまして。汗 窓口の方に伺えば良かったですね。

さてさて大晦日の夜となりましたが、穏やかで助かりますね。
明日は近くの橋に、初日の出と富士山を拝みに行こうと思います。

来年もよろしくお願い致します。
良いお年をお迎え下さい。

 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR