Camarade de classe (同級生)


『どこの貴公子かと思えば…久し振りだな。
何事だ?
君はこの隊に用などないだろうに。』

『あはは、用がなければ来ては行けないのか?
君の顔を見に来たんだがな。』

『私の顔を?
…まあ良い。
少しだが時間がある。お茶でもどうだ。』

『いや、私もこれから近衛に行くところだから。』

『ジェローデルのところか…そうか。』

『…相変わらずだな…と言いたいところだが…』

『なんだ。』

『いろいろと…やらかしているだろう。
ちょっと心配でな。』

『君に心配されるなどとは、世も末だな。ふふ…』

『…君が連隊長を袖にしてから、ずっと考えていた。将軍には明日申し出るつもりだ。』

『何をだ?』

『君の婿にと。』

『?!
なんだ、その冗談はヴェルサイユの流行りなのか?』

『ふふ、流行りに乗るのも、貴族の心得だぞ。
…悪いことは言わない。
君は退役した方が良い。』

『……。』

『君とは幼年学校時代からの仲だから気心は知れているだろう。
少しでも好意を持ってくれているなら、私にその身を預けてくれ。
もう君の行く末を黙って見てはいられない。
…君が拒むなら、私は君に手出しはしないと約束しよう。だから…』





『随分と男らしくなったものだな。
私の剣に負けて、ビービー泣いていた君が…。
…しかし、悪いが間に合っている。』

『……ふふ、そう来ると思った。』

『思っていたのに来たのか。』

『いや…思ったのは今だ。
どうやら遅かったようだな…。
ふむ…そんな君に会えてよかった。
では、先を急ぐのでこれで。』

『引き止めて悪かったな。
今度はゆっくり酒でも飲もう。』

『ああ、楽しみにしているぞ。』



幼年学校からの同級生だった男性との会話という事で、7月に入ってすぐくらいの設定で書いてみました。

やっぱりペン入れで転けてしまいました。下絵とは別人ですね。(泣)


22時過ぎに画像と文章を変えました。
前のものにも、温かい拍手をありがとうございました。


4日0時30分頃、またまた文章を変えてすっきりさせました。
手直しばかりでごめんなさい。
前のものにも温かい拍手をありがとうございました。







スポンサーサイト

  1. Oscar et ……
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR