私のベル遍歴

正直な事を言いますと。
何年もベルばらと離れていて、子供が小さかった時に再読し思った事は…
『オスカル様は、勝手だ!』
ということでして。
この一言で、オスカル様をこよなく愛すると謳ったこのブログが嘘臭くなりましたでしょうか。(汗)
しかし、その時の自分の置かれた環境で思った事ではあったのです。

子供が小さいと自分の事など二の次、三の次になりまして、ご飯を立って食べた事もありましたし、好きでもない人付き合いに消耗した事もありました。怪獣にも手を焼きました。

そこにきてあの言葉。
父上に感謝するくだり。

『子を産み育て…
女でありながらこれ程にも広い世界を…
人間として生きる道を…』

ふーんあなたは生まれた時から乳母日傘で、将軍である父の七光りでここまで来たのでしょう…
…………子育て、舐めてませんか。
そして、いつもアンドレに助けられ、一人で問題を解決させる事も出来ない。
親や姉妹の事も考えずに自分の思うままに、突っ走る。
勝手だ。

ベルばらファンにあるまじき暴言ですね。
お許し下さい。

それから暫くベルとは離れていました。
でも、不思議な事に、いつもベッドの横に愛蔵版が2冊置いてありました。埃だらけになりながら何年もその出番を待っているように。

そして子育てもひと段落と、手に取ったのが数年前。
深く考えず(今でも怪しいのですが)、若い感性で開いた時とはまた違う彼女がそこに鮮やかに立っていました。
彼女の必死さに涙が出ました。可愛らしさや儚さにキュンとしました。

ベル展も開催されていて、数回行きました。

そこから今に至ります。




スポンサーサイト

  1. あれこれ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

lesyeuxsaphir

Author:lesyeuxsaphir
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR