Amour en cage ( ほおずき )




『…支度も整えていたのですよ。』

『シタク?』

『纏って頂く花嫁衣装の生地は、織り上げるのに手間も時間も掛かります。
生地も仕立ても宝石も、最高のものをと準備を進めていたのです。
絶対に手に入れると決めていましたからね。』

『テニイレル?』

『一生檻に入れても、繋ぎ止めてでも欲しかった。
あの方のまなざしが…。
それがたとえ憎しみのまなざしであったとしても。
真実の愛に気づき、苦しみの中に日々を送るあの方の姿。
嘘の微笑みなどくれはしないでしょう。
良いのだそれでも。
欲しい、欲しい、欲しい、欲しい。
わかるだろう君にも、この常軌を逸した衝動が!!!』

『!』

『…だが。
檻の中に愛などありはしない。
あの方を自由にして差し上げなければ、今こそ。』

『ただ、朝一番に『おはよう』の挨拶をする相手があの方であったなら。
突き詰めれば、私の望みは至極単純だったのですよ。』

『…君に負けたとは思っていませんよ。これだけは言っておきたかった。』

『ああ、そうだ。
これも言っておきましょう。
私は熱いショコラの方が好みです。
今度お屋敷にお邪魔した時は、ぬるいのではなく熱いのをお願いしますよ。』

『ふふ、それでは。』



『私だけを…』の後、主人の使いで宮殿に行ったアンドレが、ジェローデルと会ってしまい…という感じで書きました。
アンドレは、途中から無言で聞いているという事でお願いします。

タイトルの『Amour en cage』は、檻に閉じ込められた愛という意味で、フランス語で『ほおずき』の事を言うそうです。

この絵は、背景にと思っていたものがありまして、それにインスピレーションを受けたのが始まりでもありました。
そのうちに加筆したいと思います。


5日に加筆したものと差し替えました。
こうなると、タイトルの『ほおずき』はどこにという感じですね…。汗
朱のグラデにすると雰囲気も出せるのかもと思いながらも、最初にピンときた色で突っ走りました。
自分的には満足です。笑
前のものにも温かい拍手をありがとうございました。









スポンサーサイト

  1. etc…
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR