L'éclat de la vie. ( 命の輝き )





『まあ…』

『奥様、どうかなさいましたか?』

『何か晴れ晴れと…。
オスカルがあんな表情をするなんて。』

『さようでこざいますね。
優しく微笑まれていらっしゃいます。』

『軍での厳しい毎日は変わらないはずなのに…。
…あなたは知っているのではないですか。あの嵐の夜のことを。』

『…。
このお屋敷の召使いで、オスカル様に敬慕の念を抱かない者はおりません。
皆の言葉を繋ぎ合わせれば、状況は自ずと導き出せるものでございます。
しかしながら…』

『ほほほ。
良いのですよ、わかっています。
あなたのことだから口には出しませんね。
例え私にも。』

『…。
お察し下さいましてありがとうございます。』

『理由はどこかにあるにしても、全てを知らずとも良いのです。
ただ、いっときでもあの子の柔らかな笑顔が見られただけで私は幸せなのですから。』



ご自分のお部屋のバルコニーから外をご覧になる母上と侍女という感じで書きました。
私だけを…、兵士の解放の後あたりです。
この頃はもう婆やは病に伏していると思われるので、2番手さんという事でお願いします。
『嵐の夜』は原作にはないアニばらの描写です。

くるくるとブロンドの髪を指で弄ぶ彼女は、本編にも出てきますね。
たまに描かれる女性っぽい仕草にクラクラします。






スポンサーサイト

  1. Oscar
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR