La tentative ( 企て ) 5




今回は、彼女に王がつけた名前が出てきますが、気になる方は読まない方が良いと思われますので宜しくお願い致します。



『金糸の刺繍を施した扇、眩いばかりの黄金のティアラ、宝石を散りばめた煌びやかなドレス、色とりどりの薔薇を咲かせる華やかな離宮。
儂の心からの贈り物を、そなたは何ゆえ喜ばぬのじゃ。
魅惑的な青い瞳に儂を映していても、そなたは笑み一つ向けてはくれぬ。
こんなに儂が尽くしておるのに、そなたは何ゆえ応えぬのじゃ。
オリアナよ。
そなたは儂のものじゃぞ。
儂だけのものじゃ。
誰にも渡さぬ。
誰にも…。』

『…そう言えばそなた…ここに来て直ぐに男名を口にしたのう。』

『!』

『そうじゃ…その男をここに呼んでやろうか。
そして、儂の力を見せつけてやるのじゃ。
…我ながら名案ではないか。』

『陛下。
私は、将軍である父から男性として教育を受けました。
幼き頃から、人形ではなく剣を、豪華なドレスより美しい毛並みの馬をと普通の女性とは違う物を好んでいた様に思います。
それは長い間の思考でもあり、本来の姿で生きる現在でも変われずに、未だに戸惑う事が多くございます。
陛下の御心を正面からお受けしようと思えば思うほど、過去の自分が邪魔を致します。
しかしながら、その事で陛下にご心痛を負わせてしまった事は、私の不徳の致すところでございます。
…どの様な男名を口にしたのか、今となっては思い出す事も出来ませんが、お言葉の通り私は陛下だけのものでございますし、これ程までに愛されていることを幸せに思います。
陛下のお心を改めて伺い、これまでの自身の思慮の足りなさを深く反省し、努力して参ろうと思います。』

『これからは、儂に微笑んでくれるというのか?
いつでも儂を満たしてくれると?』

『勿論でございます。
私は陛下の全てを愛しています。』

『その言葉、嘘偽りではなかろうな。』

『陛下の真心に、真心でお応え出来ないオリアナとお思いですか?』

『ふむふむ、分かれば良いのじゃ。』

『ありがとう存じます、陛下。』



王につけられた彼女の名を『オリアナ』としました。
自分でも違和感を感じるのですが書いてみました。
オリアナ、オリアーナを検索してみますと、ゲームやアニメのキャラの名前で使われているのがわかりますが、響きが良かったので使う事にしました。
オリオンを意味する名前だそうです。





スポンサーサイト

  1. La tentative ( 企て )
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR