La même direction ( 同じ方向 )





『いくら愛し合っていても、いつか永遠の別れがやってくる。』

『まあ…その通りだが。』

『私とお前にも、いつか突然別れが。』

『考えたくないな。』

『終わる時に何を思うのだろう。』

『俺の事ばかり思い浮かべて欲しい。』

『そうはいくか。』

『そうだよな。そうはいかない。
俺だってそうだ。』

『そうなのか?』

『お前の事ばかり思い浮かべたいが、そうではないかもしれない。』

『…。
まあ、所詮お前の頭の中まで私は関知出来ん。
操作出来ることでもあるまいし。
お前の意思も及ばぬ走馬灯がくるくる回るのだろうな。
故郷の事や両親との思い出や、私の知らぬお前の世界が。』

『俺の世界か。
やましい事ばかりで、走馬灯が回るたびにニヤニヤしてしまうかもしれないぞ。
お前には見せられない顔で。ははは。』

『呼び戻してやるから、安心してその不埒な走馬灯を回せ。
面白そうだから、出来れば私も覗きたいものだが。ふふふふ。』

『殴られるから絶対に阻止だ。
最後の砦は死守するぞ。
あははは。』



不安な気持ちを笑い飛ばす事が、このお二人なら容易いのではないかなと思い、こんなのを描いてみました。
いつの間にか本題から逸れていたり、意図的に逸らしたり。
その手にはのるかとばかり言い合う事もあったかも知れませんが、私にはなかなかそちらの方向へ向くお話は思い浮かびません。
過酷な任務に追われる彼女と、身分違いの彼女を得てもその根底までは覆らない事を受け止め、静かに寄り添う彼。
そんなお二人が、この話の中に出ていると良いなと思います。


Aimer, ce n'est pas se regarder l'un l'autre, c'est regarder ensemble dans la même direction.

愛するとは、たがいに見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見ること。」
( 『星の王子さま』 サン=テグジュペリ )

蜜月のお二人の関係もそんな風だったのだろうと妄想しています。



スポンサーサイト

  1. Oscar et André
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

lesyeuxsaphir

Author:lesyeuxsaphir
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR