拍手コメントのお礼 ( 6月30日〜7月2日 )

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。
拍手コメントのお礼をさせて頂きます。

三様
『夕暮れのパリにて』にコメントをありがとうございました。
『タイムトラベラー』のお話で盛り上がれるなら、 『里見八犬伝』もいけるかも…なんて思っていますよ。(笑)
そうでしたか。
『銃のせいで…』のくだりは、私の苦し紛れで出てきたセリフだったのですが…。
大砲の爆音とは違うでしょうけれど、でもそんなことも考えられるのですね。
お教え下さって、ありがとうございました。
少年の、『あの人に恥じない生き方を…』は、私達オスカル様ファンの多くの方がお持ちの信条だと思っています。
とはいえ、欲張りな自分にはなかなか難しいところではあります。
ツンデレなところは、ダウンロードしてあるんですけどね。
日常生活で汚れきった私ですが、この時期、彼女の尊い生き方を心に留めて、静かに思いを馳せたいと思います。

ア様
『夕暮れのパリにて』にコメントをありがとうございました。
『レ・ミゼラブル』を思い出されたのですね。
日常で人を許すのは容易いことの様ですが、其の実、人間にはいつまでも、それこそ未来永劫持ち続ける恨み辛みもあるわけで。
女性としてお生まれなのに男性として生かされたオスカル様は、両親を恨まず、それどころか素晴らしい人生を持たせてくれたと感謝の言葉を仰います。
私の偏った思考で恐縮ですが、その彼女の言葉も、紆余曲折の中でやっと掴んだアイデンティティだと思います。
フェルゼンを愛した時、自分が女性として生きていたら、もしかしたら違うステージで会うことが出来たかもしれないと思ったのでは。別れの場面で、フェルゼンがそんな事を言っているのが、私には悔しいのですが。
逸れましたね、ごめんなさい。
逸れついでに聞きかじった程度の事で、これも適当に聞き流して頂きたいのですが、牧師さんの話で興味深かったのは、人を裁くのは、人ではなく神様であるということです。
今になって、本当にご都合主義丸出しで考えますると、どんなに人を恨んでもそのエネルギーは自分の為にはならない負のもの。
そこのところで裁くのは神様と考えて、一歩引き、天の方に全てを委ねるなんて考えるのも自分の精神衛生上良いのではないかと思ったりします。
クリスチャンでもない人がそんな事を都合良く思ったところで、叶わぬものなのでしょうけれど、そこは少しズルいですが自己を守る為に、そんな考え方もありなんじゃないかななんて。
すっかり逸れちゃいましたね。
オスカル様は、何事も真正面からです。
眩しいほどに、清い方です。
この様なお話、また思いついたら描かせて頂きますね。

たくさんの温かい拍手をありがとうございます。
次作への励みにしています。

先程、pi○ivに投稿してみました。
色が薄いのが心残りですが、Gimpでの始めての作業に右往左往しながら、なんとか形になりました。
やはりもっと知識があったらと思う事も多かったです。
お世話になった方々には、この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。

そして日常が。
ブログの方は、蜜月と三が日で盛り上げたいのですが、力不足でなかなかそうはいかない様です。(汗)
描きたいものを描きたい時に。
しばらくそんな感じになりそうです。

今日はもうひとつ。
携帯アプリのSAYーUでベルの声入れが出来ます。
出動命令を受けた後の場面で、アンドレ役の細谷佳正さんをお相手にオスカル様役を演れるというものです。
細谷さんは、現在放送されているアルスラーン戦記のダリューン役の方です。
志垣アンドレの優しい包容力の様なものは、あまり表に出していらっしゃらない様ですがとても新鮮です。
無料アプリですので、一度お聞きになってみて下さい。

それでは、
またのお越しをお待ちしています。




スポンサーサイト

  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

lesyeuxsaphir

Author:lesyeuxsaphir
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR