拍手コメントのお礼 ( 5月8日〜5月19日 )

いつもご覧頂きましてありがとうございます。
拍手コメントのお礼をさせて頂きます。

ゆ様
『心のままに』にコメントをありがとうございました。
仕事早いでしょうか。(笑)
旅行記はそうたいした事も書けないので、間に少し気分転換の意味で描いてみました。
フランス旅行は結構お金も掛かるので、私一人が楽しんで来るのも何だなあと思ったもので、今回は夫婦で行きました。
相棒もとても楽しかった様でまた行きたいと申しております。
私は、今度は友人と行きたいですのですけれど…。(笑)
相棒と一緒だと、イタリアやドイツにもなりかねないのです。(汗)

ア様
『旅行記3』にコメントをありがとうございました。
『心のままに』で拙くも背景に描いた場所は、巡礼者の食堂ではありませんでした。
あとで追記しておきます。ごめんなさい。
実は迎賓の間にもこんな柱がありまして、そっちかなと調べましたら、それも違うのです。
残るは騎士の間。
騎士の間が正解です。
仰る通り画像には手を温める為の暖炉がありましたが、私の腕では画面が分かりにくくなる為描きませんでした。
迎賓の間は王や貴族を迎える部屋でして、大きな暖炉で煮炊きした様ですが、騎士の間は高貴な方の伴者が控えたり、また修道士達が聖書を写本する ( こちらがメイン ) 為の部屋であったようですね。
高貴なオスカル様は迎賓の間、伴者であるアンドレは騎士の間…。
きゃ〜萌えまする。
失礼しました。
シュノンソー城の厨房は面白かったのですが、ここで時間を使い過ぎて庭園をよく見られなかったのが残念でした。
ヴェルサイユ宮殿の厨房はどんなでしょうね。

ば様
『拍手コメントのお礼』にコメントをありがとうございました。
お久しぶりです。
お元気そうですね。
フランスに行って参りました。
でもベルにこだわった旅ではなくて。(汗)
前に、ベルゆかりの地を行く旅が企画されてましたが、私の様な素人には、少しお高くてもあんなツアーに行くのが一番手っ取り早く無駄がない気が致します。
右を見ても左を見てもベルファンですから、濃厚な時を過ごせそうですが。
毎日いろいろありますね。
宜しければ、息抜きにまたお立ち寄り下さい。お待ちしています。

三様
『眩しい季節』と『旅行記5』にコメントをありがとうございました。
ご心配おかけして申し訳ありませんでした。
旅行の疲れは一週間ほど引きずりましたが、仕事もありますしなんとかやっています。(汗)
お絵描きは、やり始めるとこれがまた良いストレス解消になるのです。
原作とはかけ離れた拙い作品ですが、ひとつひとつに拍手を頂いているのが本当に励みになっています。
いつもありがとうございます。
BSのアニばらはご覧になられましたか?
私は古いものを持っているのですが、今度のデジタルリマスター版 (デジタルマスターと書きましたが誤りでした。) が観たくて観たくて。
もちろん昔の少し暗いマットな感じも良いのですが。
綺麗な画像を楽しんで下さいませ。
そしてアニばら話など伺えたら嬉しいです。
ルーヴルのサモトラケのニケは、階段を上がって行くと正面に観えてきます。
そこにある事を知らずにいましたので、観えてきた時はその優美な姿と絶対的存在感に圧倒されてしまいました。
後で考えると、限られた時間で観る事の出来た美術品の中で、あんなに心動かされるものは他になかったです。やはりオスカル様を思ったからでしょうか。

ま様
『旅行記5』にコメントをありがとうございました。
あまり構えずにチャチャっと撮った画像ばかりで、水平があっていないものが多くてごめんなさい。
ま様の仰るように、オスカル様とアンドレは私の中でも実存していたという事になっています。
私は、お二人が馬で駆けた、お屋敷からヴェルサイユ宮殿までの道を想像するとワクワクします。
宮殿前は、石畳みの石のひとつひとつが想像していたよりも大きくて、馬車も結構揺れたのではないかと思いました。
時間が出来たら、今回見てきたものと、原作やアニメの擦り合わせをしたいです。
ま様のフランス行きの願いが叶いますように。
私の旅行記が何かの役に立つと嬉しいです。
より良い旅をご計画下さい。

も様
『旅行記5』にコメントをありがとうございました。
過分なお言葉を頂いて、恐縮しております。(汗)
また、細部まで読んで頂いた事、こちらこそ感謝しています。
国内旅行もあまり遠くに行く事がなくて、日帰り温泉大好きな私達二人が海外へ、ましてフランスへなどとは何年か前までは思ってもいませんでした。
行くのかもなんて調子でパスポートだけは取っておいたのです。
子供の頃からベルが好きだったのですが、フランスは多分私の中では地球外の様に、行くのは不可能なものだと決めつけていました。
ゴールデンウィークや夏休みに海外へ行かれる方が多いのに…なんて思われるかもしれませんが、それは小さい頃からの生活から来る諦めみたいなものです。諦め癖は悲しいですね。
不可能なものに夢を見るのもいけない事だと思っていました。
それが、この何年かで思う事があり…という感じです。
『愛と勇気と希望』
そんなそんな。(大汗)
後で考えると修学旅行並みに予定の混んだツアーでしたが、そんな旅行記でもその様に喜んで頂けるなんて。(涙)
是非実現して下さいね。
影ながら応援させて頂きます。
セーヌ川の両岸に唸って下さいませ。


たくさんの温かい拍手にも感謝しています。
次作への励みにしています。

ニケさんにオスカル様を…。
恐れ多くて考えているだけですが、描けたらなあ。

それでは
またのお越しをお待ちしています。




スポンサーサイト

  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR