旅行記4

午後、シャルトル大聖堂 ( Cathédrale Notre-Dame de Chartres ) に行きました。
ここもノートルダム。
ノートルダム(Notre-Dame)とはフランス語で「我らの貴婦人」という意味で、イエス・キリストの母である聖母マリアを指すそうです。



タンパン ( tympan )が見事です。


タンパン ( オスカル様がお得意なラテン語でティンパヌムtympanumと言うそうです。)という言葉も、キリスト教会の入口にこんな彫刻が施されている事も知りませんでした。(大汗)
一目で『曼荼羅じゃないか…。』と思ってしまいました。
当たらずといえども遠からず。
宗教の事はわかりませんが、世界観を視覚的、象徴的に表している事にあまり変わりはないのではないかと思います。
この後に見るステンドグラスもそうですが、文盲の方が多かった時代に聖書の物語を表して、信仰を説いていったのだということです。



入口から入ると有名なステンドグラスに向かいます。
暗く荘厳な内部に圧倒されました。
画像はありませんが、( 祈りの場所で俗っぽく写真を撮ることがはばかられて。) 途中、床にラビリンス ( 迷宮 )が描かれていて辿っている方々を見ました。
入口から入れば必ず中央に行けるので『迷路』ではないのだそうです。
エルサレムへの巡礼体験の為のものだそうですが、時間が許せば私も辿ってみたかったです。




有名なステンドグラスです。
シャルトルブルーと言われるこの教会のステンドグラスの中でもこの画像の聖母の周りの薄いブルーが美しいです。
晴れた日はもっと綺麗に観えるのでしょうね…。



くるっと回っているうちに相棒とはぐれてしまって焦っていたら、少し怪しげな ( 失礼。)ムッシューが近づいて来たので、ささっと逃げてツアーメンバーの新婚のご夫妻にくっついて歩いてしまいました。(汗)
私の『一緒に歩いても良いですか?』の言葉に快諾して下さってありがとうございました。
暗がりで怖かったので本当に助かりました。
お邪魔してしまってごめんなさい。


司祭の庭園です。


ぼけてますが…。
ムードンの最初のホテルに戻ります。







スポンサーサイト

  1. フランス旅行記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR