旅行記2

2日目の宿はモン・サン=ミシェルの対岸のホテル。
食事をしてからモン・サン=ミシェルの夜景を見に行こうということになりました。
雨が強くなり、寒さも増して来ましたが、ダウンジャケットを着て傘をさして少し歩いて夜景スポットに行ってみました。
けむっていて良い写真は撮れませんでした。
その先から無料シャトルバスが出ていて、もう少し近くまで行けるということでしたが、疲れていたのと明日が早いのとで私達は断念してしまいました。


翌朝、個人的なアクシデントから近くのスーパーに買い物に。
もう開店時間なのに、中ではお掃除をしています。
これがフランスです。
開店時間は自分達が働きだす時間、閉店時間は電気を消して出て行く時間だそうですから仕方ないです。
さすが、自由を勝ち取った国だと思います。
待っていましたが、結局間に合わないので、ツアーメンバーに助けて頂きました。
準備も整い、無料シャトルバスに乗ってかの地の近くまで行きます。
バスはUターンしないで良いように前と後ろが運転席になっています。

降りて徒歩5分。



モン・サン=ミシェルは、聖ミカエルの山という意味で、ミカエルはフランス語ではミシェルです。
歴史は、私などの覚束ない説明よりも、wikiその他で読んで頂けたらと思います。


塔の一番上には秤と剣を持ったミカエル像が。画像が小さくて見えるでしょうか。




西のテラスからの風景。
ここには写っていませんが、遠くに羊がいました。
巡礼者体験の子供達が干潟を歩いているのも見えました。


石には数字が。
誰がどれだけ運んだかを知るためのものです。



礼拝堂です。




有名な回廊です。
修道士達の休息や瞑想の場所だったそうです。
複雑な柱の造りに魅了されました。

元々はカトリックの聖地として、百年戦争では要塞として、フランス革命後は牢獄としてその役目を変えながらも、厳しい佇まいと柔らかな光にも溢れた巡礼の地。



お昼にはオムレツを頂きましたが、修道士達の食事のようにお味は余りついていません。
お好みでお塩をどうぞとのことでしたが、私はこれで十分でした。

ラ・メール・プラールでガレットやマドレーヌを買ってそろそろ時間です。
バスに乗って今度はロワールに向かいました。

長い時間バスに乗っていて、何やら胸焼けが。乗り物酔いではないようでしたが、夕飯をパスしてかなりの時間眠りました。
相棒と他のツアーメンバーは、散策に行きました。
起きたら小腹が空いていたので、日本から持っていったあられを食べました。醤油味がたまりません。
シャワーを浴びて寝ました。

夕飯をパスした事で、ツアーのメンバーにご心配をお掛けしてしまって、明日はどんな顔で出ていけば良いのやら…。
でも眠ったお陰で元気になったぞ。



スポンサーサイト

  1. フランス旅行記
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/05/08(金) 14:35:26 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おかえりなさい!

  1. 2015/05/08(金) 19:42:29 |
  2. URL |
  3. lesyeuxsaphir
  4. [ edit ]
鍵コメ様、うたかたです。
コメントをありがとうございました。
モン・サン=ミシェルの対岸にあるホテルにはツアーバスで向かったのですが、緑の草原 (何かの作物かも)の向こうにだんだんとあの姿が見えて来るのです。辺りにはあまり遮るものがなくて、あの写真でしか見たことのなかったものが肉眼で見えた時は感動しました。
行ってみて下さいと簡単に言える場所ではないかもしれませんが、もしフランスにおいでの際にはプランに入れられる事をお勧めします。
身体の事、お気遣いありがとうございます。
仕事が早めに始まり疲れが溜まっている様ではありますが、予定通り今週も終わりますのでホッとしています。
そろそろ書き始めます。
また宜しければお立ち寄り下さい。
お待ちしています。



管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/05/08(金) 21:02:24 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは

  1. 2015/05/08(金) 22:48:43 |
  2. URL |
  3. lesyeuxsaphir
  4. [ edit ]
鍵コメ様こんばんわ、うたかたです。
ツアーでは楽しい時間を一緒に過ごさせて頂きまして、ありがとうございました。
こちらへのお立ち寄り、本当に嬉しいです。
独りよがりなベルばら語りが名物のこのブログですが、お肌に合いましたでしょうか。(汗)
ヴェルサイユとルーブルのガイドさんのお話はとても興味深くて、時間があれば質問にも応じて頂きたかったなあと思います。とにかく忙しかったですし、お話を伺う基礎も自分にはなかったのがとても残念です。
ヨーロッパを旅するなら、ある程度各国の昔からの関係を知らなければと今回の旅で痛感しました。
シャンゼリゼでの団結力 (笑)は、昨日今日知り合った方とのものとは思えなかったですね。
本当にお世話になりました。
鍵コメ様の旅はまだまだ続きますね。
どうぞお気を付けて。
まだ旅行記は続きますが、お付き合い頂ければ幸いです。



 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR