機内にて

たとえこの身は滅びようと、最後まで戦わなければ。
死んでいったこの者達の為に。
アンドレ、お前の為に。
今、私は、そのために生かされているのだから。
行くぞ、アンドレ。
私が迷うことなく突き進めるよう、お前達が導くこの道を。


行きの飛行機の中で、見てしまった『寄生獣』。
いつもなら見ないであろうお作です。
救いのない残酷なシーンに目を背けたくなって、残り3、40分を残して、消してしまおうと思った時にこれが浮かびました。
たくさんの死体を見て、彼女が何を思ったのか。
どんな風であったのか。
『寄生獣』では、主人公が過呼吸になって、でも寄生獣の言葉で奮い立ち、相手に向かって行きます。
あの13日の夜、たくさんの亡骸を前に、彼女の中をどんな感情が巡ったのでしょう。
原作には、アンドレを亡くした慟哭までしか描かれていませんが、彼女の心の整理の付け方に少しでも近づく事が出来たらと思います。


前の席に座っていた、5歳さくら組のイケメンとお喋りが出来て楽しかったです。
彼は、たまに二重の瞳をくりくりさせてこちらを覗き見るのです。
本当に純粋でキラキラした瞳に、すっかり濁ってしまった私はクラクラ致しました。
『パリに行くんだ』とトランスフォーマーや飛行機のおもちゃを見せてくれたり、モニターの上でおもちゃをかざして気を引こうとしたり。
その小さな手を愛しく思いまして、握手の手を伸ばしてみたら、丸い掌を預けてくれました。
『これから君は何度空を飛ぶの?』
聞いてみたところでご本人にもわからないことではありますが(笑)、大きくなった彼がどこか外国で活躍されていたらと思うと、これからの世の平和を祈らずにはいられませんでした。
トランスフォーマー。
彼にはヒーローなんでしょうか。
自論ですが、男子にはヒーローの存在は不可欠と思っています。
小さなその心にヒーローが宿っていたら、その子の将来は明るいものになると考えます。
女子もそうかもしれませんが、考え方が大人で冷めていますので、男子のそれとは違うかと思います。
それでも『オスカル様』は、私の中にずっとあって、ある日また鮮やかに蘇った私のヒロインでもありヒーローでもあります。
子供の時にお会い出来て、本当に良かったと思います。

『寄生獣』
ご覧になった方はご存知だと思いますが、アニばらのオスカル様、田島令子さんがご出演されていました。
残念ながら、時間的には短いご出演で惨い最後ではありましたが、アニばらも好きな私には、キャーキャーものでした。
今後の益々のご活躍も楽しみにさせて頂きます。



スポンサーサイト

  1. フランス旅行記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

lesyeuxsaphir

Author:lesyeuxsaphir
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR