拍手コメントのお礼(5月6日〜6月28日)と大切なお知らせ

いつもご覧頂きましてありがとうございます。
大変遅くなりましたが、拍手コメントのお礼をさせて頂きます。

ロ様
『コメントへのお返事』『夜の風』にコメントをありがとうございました。
匿名様より『アナログの方が好きでした。』と愛あるコメントを頂いたので、すぐにお返事を書かねばと記事にしてしまいました。汗
自分自身の満足の為に始めたブログですが、今は何かしらの反応を求めているところもありまして、コメントを頂けることがこの上なく嬉しいです。
CLIP STUDIO を動画サイトで。
見てもいるのですが、いかんせん早くてわからなかったです。見ていると自分にもすぐに出来そうですけどね。
こうなると大人トラ◯のようなもので直接教えてもらえたら…なんて思うこともあります。笑
pixivにいらっしゃるとの事、そちらでお会い出来ることを楽しみにしています。その時には、こちらでのお名前を頂戴出来ればと思います。
いつも応援下さってありがとうございます。


ち様
『再会』『夜の風』にコメントをありがとうございました。
お久し振りですね。
『どうすれば彼女を美しく描けるのか。』
それがこのブログの影のテーマでもありまして、お言葉が本当に嬉しいです。
私もばあやになってオスカル様のおそば近くでお仕えしたいです。
何よりBébé オスカル様を抱っこしたい。笑
この方はオスカル様を最初から最後まで知る人物ですから、他の人が知らない彼女を見ているはずですね。
ジェローデルとの結婚話の時、アニばらでは嬉しそうでしたが、あれはちょっと違うかなと思っています。
原作の厳しくも温かいばあやが好きです。
またお立ち寄り下さいね。


エ様
『ちょっとだけトーン貼り』にコメントをありがとうございました。
キュンとして…
ああ、もう勿体無いお言葉。
調子に乗って、そのうちにお話をと思っていますので、またお立ち寄り下さいね。


は様
『月影』にコメントをありがとうございました。
美しいなんて!
見えますか、今、あまりの嬉しさに小躍りしていますよ。
このイラストのイメージは、前から頭の中にあったのですが、アナログでは再現できないでいました。
描線に境界線(黄色っぽい縁取り)というのを入れてみましたら、2人が何か、人っぽくない幻の様な感じが出てきて採用となりました。
そうなんです、7月がやって来ます。笑
大変大変、どうなるのでしょう。
一つも更新出来なかったらと思うと夜も眠れません。笑
描きたいものを描けるだけ描きますね。
宜しければお付き合い下さい。



たくさんの温かい拍手にも感謝しています。
次作への励みにしています。

さてさてお知らせです。
このブログでは、コメントの方式として、拍手コメントと記事への直接のコメントの二通りありますが、このところ拍手コメントのお礼が滞る事が多くて申し訳なく思っていました。
まとめてお礼をお出しするのも、タイムラグが生まれてしまいます。
拍手を励みにしていますのでそれは無くさず、非公開コメントにもラグ無くお返事をと考えていました。
その他諸事情がありますが、今後は拍手でのコメント方式をやめて、記事のコメント欄への書き込みのみ頂戴するということにしたいと思います。
非公開コメントにもお返事致しますので、遠慮なくお書き下さい。
しばらくやってみて不都合がありましたら変更する可能性もありますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。


それでは
またのお越しをお待ちしています。







スポンサーサイト
  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Clair de lune (月影)

蜜月に寄せて






それは不思議な影だった。

夜半に急なお産の知らせを受け、馬車で駆けつける途中のこと。

少し奥まった木々の中で2人は確かに抱き合っていた。

1人は金髪で軍服を身につけ、もう1人は黒髪で貴族の従僕のような上着を着ていた。

2人とも男性…。

いや、私にはなぜかそのようには見えなかったのだ。

それはほんの何秒かの遭逢であったが、紛れもなく男女であった。

馬車が通り過ぎるのも構わずに抱き合う姿は、そこだけ月に照らされ、まるで木々の祝福を受けているかのように私には見えた。

影…。
いや、影ではない。

今も私の脳裏に焼きついているのは、断じて影ではない。
光だ。
月の恵みの光。


あの夜生まれた女の赤子は、Lounaと名付けられた。
月の恵みがあるようにと。




遅くなりました。汗

ベルナールのうちに行った帰りのお話として書いてみました。


25日17時30分頃画像を差し替えました。
これで終わりにしようと思います。

前のものにも温かい拍手をありがとうございました。







  1. Oscar et André
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

ちょっとだけトーン貼り




ちゃんとしたお顔はどんな風かなと描いているうちに、トーンを貼ってみたくなって、これです。
下描きとペン入れが一緒のレイヤーで、用紙、下描き兼ペン、瞳、ハイライトの4枚で終わりにしようと思っていたのに、レイヤー枚数がどんどん増えていきます。

何かお話も考えてみましょうか。
ああ、23日…。
こんなの描いていないで、そちらに取り掛からなきゃですね。
間に合わないかも…。汗

デジタルではトーンも簡単ですね。
漫画を描いていた中・高生の時は、スクリーントーンは高価なものでしたので、買えずに描いていました。
カケアミも、樹木の幹も、石畳みも『オルフェウスの窓』を見ながら練習しましたっけ。
とはいえ、デジタルでこんなに簡単に貼ることが出来ても、肝心のセンスがないと本当に稚拙。
あーその辺りもなんとかしたい…。









  1. Oscar
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Je te protégerai (君を護る)





『あの時の事を思い出すと、今でも冷や汗をかく。』

『ん?』

『近衛にいた頃だ。
お前に危険が迫っていると勘違いして…
主人のお前に恥をかかせてしまった。』

『そうだったか?』

『…俺の胸にはかなり深く刻まれている。
あの後お前が旦那様にしかられて、俺はおとがめ無しだった。
結局お前を護衛したつもりが、俺の方が護られていたんだ。いつも、いつも。』

『父上の前では主人面をしただけだ。
…私はいつもお前に護られていた。
考えてみれば…この胸は…護ってくれる居心地のいい場所だったのだ。
昔も今も。』

『オスカル…。』



お待たせしました。
文章は就寝前のひと時の会話という感じで書きました。

困った時にいろいろやってみると、デジタルの恩恵を受けることが多くなりますね。
瞳を何度か描き変えて、悪化の一途を辿った時はどうしようかと思いましたが、保存してあったものでなんとか出来ました。

だいたいこんなですが、細部を直して差し替えたいと思います。


17日0時30分頃、画像を差し替えました。文章もちょっと変えています。
背景がブログの色と同じようになっていますね。汗
四方をだいぶカットしなければ入らずに少し残念です。結局また全貌はpixivでという事になってしまいました。


前のものにも温かい拍手をありがとうございました。






  1. Oscar et André
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

危機3





試し刷りでーす。
変なところ満載ですが、こんな感じで進めます。
あ〜長袖、暑そうですね。

文章が間に合ってなくて、どうしましょ。汗






  1. Oscar et André
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

危機2




軍服を赤にするか青にするかまだ決まっていません。
こうなると彼が変ですね…。
何れにしても、彼が俗っぽくならないように描き進めたいと思います。







  1. Oscar et André
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

危機




まだまだですが、今日はここまでにします。




  1. Oscar
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

仕切り直し終了




昨日はワンコに誘われて眠ってしまいました。汗
これで完成とします。
遡って、『夜の風』の画像もこれに差し替えます。
お付き合い頂いてありがとうございました。




  1. Oscar
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

lesyeuxsaphir

Author:lesyeuxsaphir
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR