拍手コメントのお礼(2月26日〜5月5日)

いつもご覧頂いてありがとうございます。
大変遅くなりましたが、拍手コメントのお礼をさせて頂きます。


ば様
そうですね。
私もいちいち保存してしまって同じようなのがたくさんできてしまい、どれがどれだかわからなくなります。(汗)
完成したら他のものを削除するようにしていますが、肝心のものを消してしまい真っ青になった事があります。
でもうまく出来ていて、違う場所に取ってあるんですよね。そこから救出して事なきを得ました。
機が熟したら描けばいいので放置もありですね。

幼児洗礼式。なるほど。
描いておいて(書いておいて)無責任で申し訳ないのですが、私は全部書けないので、勝手にご想像頂けると、とっても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。笑

今回の理代子先生の展覧会での、『オルフェウスの窓』の原画の少なさは次に繋げる為のものでしょうか。
それを期待しちゃいましょうか。笑

立像はせっかくだからと一緒に写真に収まったのですが、私も少し違和感がありました。この頃は楽しい企画が目白押しですが、自分として振り分けをしています。
そんな訳で、こんなブログをしていながら情報に追いついていないかもです。
原作本を引っ越しの時に捨ててしまってからの買い直しを思いますと、なかなかグッズの処分は出来ないです。
購入したままあまり手にしていないものも、購入した時の熱を物語るものとして手元に置いておきます。見れば、あ〜やっぱり良いわあとなりますしね。
あとは、どんどん使おうと思います。笑

『はいからさんが通る』の劇場版も11月に公開になりますが、ベルはテレビでのリメイクを希望します。
でも声がね…。
オスカル様の声ができる方、誰かいますかねぇ。
最近の声優さんには疎いのでなんともねぇ…。
あまり他にやっていない方が良いかもしれませんね。
話は全然違いますが、今の大河ドラマで柴咲コウさんがやられている役ですが、満島ひかりさんが良かったなあと個人的には思っています。
柴咲さんは『大奥』をやられていますから、どうも新鮮味がないのです。

本当に、オスカル様に惹かれるのはどうしてなのでしょうね…。
もとにあるのは子供の時の感性で、それを分析する事ができるような年齢になってから思うのは、彼女の苦しみや喜びや躊躇いがその表情に如実に表れている事だと思います。
いや違いますね。理屈抜きで好きなんですね、きっと。

前にも書いたかもしれませんが、子供の頃読んだ他の漫画で不思議だったのは、吹き出しがあるのに何故コマの中の絵は口を開けていないのだろうという事です。(全部ではないとは思いますが。)
結んだ口がものを言うのに子供心に違和感を持っていたようです。
ベルは、その辺りも違っていたように思います。


ロ様
いろいろとデジタルお絵描きの事をお教え下さって、ありがとうございます。
わからない事だらけなので、とても感謝しています。
ロ様は、どんな絵を描かれるのでしょう。どちらかで発表していらっしゃるのでしょうか。
もし宜しければ、拝見させて頂きたいです。

『企て』はもう随分と描いていなくて、お待ちの方々には申し訳なく思っています。
お話はだいたい出来ていますが、実はタイトルの企てはどこに…という感じなのです。
次のページを鉛筆描きしてあるのですが、画力がないのでイメージ通りのものが出来なくて、放置してあります。(汗)
挿絵では満足できずコマにもできなくて、なんとも情けないですが。
未完にもしたくないです。
煮え切らなくてごめんなさい。
こんな風ですが、宜しければお付き合い下さいね。


は様
楽しいご感想をありがとうございます。とても嬉しく思っています。
描いている人も、蜜月と子供の頃のお二人の関係性の違いを楽しんで描きました。
蜜月は、前にも描いたような絵になってしまうのが難点ですが。
これは『怒るぞ』と彼に言わせたかった事から逆算しました。
ト書きは書かないので、動作はわからないですが、その後ギュッと抱きしめたなんて感じでしょうか。
ああ…あの後彼女の一言を付け加えればそんな感じになりましたね…。汗
強がりの彼女は萌えどころですね。
ふとした時に彼女らしいネームを思いつくと、にやけます。笑


匿名様
事情に疎い私に、いろいろと教えて下さってありがとうございます。
こんな絵でも、よく観て下さっているのですね。
嬉しいです。
ここを直して、あそこをいじってと同じ絵を何度も見ていると、つい最後がずさんになります。
油断は禁物、もう一度確認しないとですね。
こんなですが、宜しければまたお付き合い下さいね。


摩様
ベルからオル窓が神がかっている。
私もそう思います。
個人的には、オル窓の一部までだとも思っています。
当時オスカルロスで気持ちの置き場がない大変な中、オル窓の連載が始まり、キラキラと美しいユリウスにのめり込んでいきました。
本を並べて比べると違うお顔なのですが、それも気にならないくらい本当に夢中になりました。
その間に描かれた『おにいさまへ』も綺麗ですが、金髪線があるかないかで、華やかさもオーラも違うと思うのです。
だからと言ってれいや薫の君に金髪線を描く訳にはいかないですしね。
描くのは大変だったと先生は仰っていましたが、金髪線はとても大事なマストアイテムです。

摩様も横浜高島屋の展覧会に行かれたのですね。
グッズもたくさんあって楽しめましたよね。
私は前に買ったのを忘れて同じ物を買ってしまう事がありまして、クリアファイルは特にかぶります。
行く前に見直せば良いんでしょうけど、それもしないので救いようがないのです。汗

私は今回大きい方のスタンプを手に入れたので、ローズピンクのスタンプ台を買って麗しいオスカル様を押したいです。kidsの彼と彼女は何色が良いかしら。


たくさんの温かい拍手に感謝しています。
次作への励みにしています。


国立新美術館で開催されているミュシャ展に行って参りました。
混んでいましたが、『スラヴ叙事詩』を観ることが出来て良かったです。
不穏な世の中に、この日本にある事が偶然ではないのではないかと思いました。


連休も早いもので残すところ2日ですね。
美女と野獣、理代子先生の展覧会、スラヴ叙事詩、あとは温泉にでも行ってまったりしようと思います。


それでは
またのお越しをお待ちしています。






スポンサーサイト
  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR