夕暮れのパリにて



その人は、不意に現れて私の肩に手を置いた。

『母上が心配しておられるぞ。早く家にお帰り。パリの夜は、もう君達が一人で歩ける様な場所ではない。もうすぐ日が暮れるからな。』

『…。』

『母上は…おられないのか?』

『…怒らないのか?』

『何を怒るんだ?』

『盗んだんだよ、このパン。』

『私は銃のせいで耳が少し悪い。今のは聞こえなかったぞ。さあ早く帰りなさい。母上が待っておられるぞ。』

『Merci monsieur!』

私は、メルシームッシュと礼を言ってその場を去るのが精一杯だった。
夜は近い。

輝く金髪の美しい人。
あの人は、バスティーユで亡くなった衛兵隊の部隊長だったと後で知った。
『Monsieurなんて言っちまった。』
当時の私は、あの人がまさか女性だとは思わなかった。
しかし今、彼女を男性だと断定してしまった自分を愚かだと思う。
落ち着いた低い声ではあったが、あの人は男性のそれではなかったではないか…。

今となっては、礼を言う事も出来ないが、母の墓前に立つと思い出す。あの夜の母の少し悲しそうな顔と、聖母の様なあの人の微笑みを。
自由を勝ち取ろうとしたバスティーユの英雄を。
背を正して歩く。
あの人に恥じない様に。



聖母の様な微笑み…。
自信ないですが。(大汗)
銃のせいで耳が…のくだりは、その場しのぎのいい加減な見解です。おまけに少年にパン持たせるの忘れたし。(汗)
ちょっと忙しく描いたので、今回は線だけにしておこうと思います。

まだ蜜月なんですが、こんなのが急に出てきてしまいました。
ラブラブは、また後で思いついた時にしますね。

追記です。
やはりあっさりしすぎているので、画像を変えてみました。
以前のものにも拍手をありがとうございました。
またまた追記です。
画像加工所を変えていじってみましたら、前のものより少しはっきりとしたものになりました。
何度も変えてしまいまして、ごめんなさい。m(__)m
下は以前のものです。







スポンサーサイト
  1. Oscar
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

拍手コメントのお礼 (6月18日〜6月23日)

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。
拍手コメントのお礼をさせて頂きます。

三様
『拍手コメントのお礼』と『dos à dos 』に拍手をありがとうございました。
ケン・ソゴルに反応して頂きまして、嬉しいです。
思えば『タイムトラベラー』も『続タイムトラベラー』もベルが連載された年の放送だったのですね。
あんなに怖かったし、ワクワクしたドラマでしたが、後でアーカイブスを観た時の衝撃といったら。
こんなにちゃちいドラマだったんだあと。吊っている紐の様なものも見えていたような。
当然CGなんてありませんから、そうなりますが。
ま、当時、子供にはかなりのインパクトだったわけで、それだけでもその作品の意味はあるのですよね。
それと比べる訳ではないですが、ベルが色褪せず、それどころか輝きを増してみえるのは、神懸かり的な事としか思えないのです。
大人になって、パンドラの箱をあけてしまった感がありますね。
散りばめられた哲学的な言葉は、最初から少女の深層に仕掛けられるのが目的だったんじゃないかとさえ思えます。
『大人になったら本当の物語がわかるわ…。』
と。
すっかりやられました。(笑)
『dos à dos』
なるほど!オスカル様に真正面から言われたら、アランは『よっしゃ』なんて言えないですね。
アランにお株を奪われたアンドレを後で慰めるオスカル様。
アンドレに自慢するアラン。
何かインスピレーションを頂いた感じです!
いつも作品へのご感想をありがとうございます。
お喋り出来て嬉しいです。

は様
『dos à dos』にコメントをありがとうございました。
こちらこそ、はじめましてです。
は様に教えて頂いた、pi○ivの企画ですが、興味深く見せて頂きました。
投稿する作品を、実は今製作中です。結果はどうなるかわかりませんが、やってみます!
違う名前で出すつもりですが、ご覧の皆様には丸わかりだと思います。
は様、教えて頂いてありがとうございました。

たくさんの温かい拍手にも感謝しています。
次作への励みにしています。

蜜月ですね。
おふたりの事を思うと、蜜月あたりの事を描いてきた私ですが、今回は何か違う事に気を取られ、他サイト様のような企画が思いつきませんでした。
正直ただ一つ思いつくのは、アレ・ユリだったりして。(汗)
このままブログも閉じようかしら、潮時かしらと思っていましたら、は様からのコメントの中に貼ってあったリンクが、私をやる気にさせて下さいました。
まだもう少し描いていようかななんて思います。
そんな気持ちにさせて頂いて、は様、感謝致します。
このブログに、リンクを貼る事はしたくないと思っていますのでしませんが、あるサプリメントとベルのタイアップイベントです。
知らなかったのは私だけかもしれませんが。(笑)
よくあることなんです。(笑笑)

ベルの2次の中では大事な大事な蜜月ですが、このブログは関係なく動こうと思います。
気まぐれで描くかもしれませんが。(汗)
描きたいものを描いていきます。
そんなので良かったら、お立ち寄り下さい。

それでは
またのお越しをお待ちしています。





  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

dos à dos ( 背中合わせに )



『アラン、お前は後方の2人を頼む。
私は前方の3人だ。
行くぞ!』

『よっしゃっ!』

どうしてアンドレじゃなくてアランなんでしょ。それにこの指示いるかしら。
まあいいや。
あまり考えずに出てきたセリフなので、あまり考えずに見て下さいませ。(汗)
アランはオスカルさんと背中合わせに居る感じでお願いします。
dos à dos は、ドサドと読むようです。

それにしても、前作『マドモアゼル オト』に似てしまいましたあ。(汗)





  1. Oscar
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

拍手コメントのお礼 ( 6月10日〜6月17日 )

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。
拍手コメントのお礼をさせて頂きます。

ゆ様
『La bonne table』にコメントをありがとうございました。
そうです。
テンションが違うと温度差が生じて、それからの人間関係に支障をきたす場合があるので (笑) 、その辺りは相手の方をよ〜く観察してからなんですよね。
ベル話は、自分からはしないようにというのはありますので、話をふられた時の嬉しさは格別でして。
きっと破顔しているはずです。
ついつい上がってしまうテンションをどうにか抑えながら喋るのは、至難の技でございます。(笑)
ゆ様、拙作にもお付き合い頂いてありがとうございます。

ア様
『La bonne table5』にコメントをありがとうございました。
洒落ていると仰って頂いて、嬉しゅうございます。
思いつきのまま、描き進めていきましたが、今回はページ数を増やさないようにしようと考えまして、心掛けたのは、コマの一つ一つに意味を持たせ、無駄を無くすことでした。
後から思えば、衛兵隊のメンツもドイツのお2人も、そんなつもりもなくご出演下さった感があります。
友情出演のような感じですね。

三様
『La bonne table あとがき』にコメントをありがとうございました。
いえいえ、いつもコメントを下さって、感謝しています。
コメントは無理なさらずに。
私も三様が仰るように、オル窓の初めの頃は、ユリウスにオスカル様の面影を追うような気持ちでいました。
本当に全く違うキャラだったのですが、彼女の美貌にすっかりやられてしまったのです。
今回の拙作では、その美貌の美の字もなくて失礼してしまいましたね。
三様のコメントから『タイムトラベラー』を改めて調べてみましたら、私の言っていた扉を開けると異空間というのは、ケン・ソゴルがメインのお話だった、『続タイムトラベラー』だったようです。(汗)
少年ドラマシリーズは、『謎の転校生』『暁はただ銀色』『未来からの挑戦』などを見ていました。
岩田君役の高野浩幸さんが好きだったのを思い出しました。
拙作のオスカルさんとアンドレのダンスシーンは、そのうちに大きく描いてみますね。

たくさんの拍手もありがとうございます。
次作への励みにしています。

さて
『La bonne table5』で描いてみた楽譜ですが、『ボッケリーニのメヌエット』でした。
アニばらの中で、よく舞踏会シーンで使われているので、お聞きになればすぐにお分かりいただける曲で
す。


集中豪雨や竜巻、噴火や地震、もう人間の手ではどうにも防ぎようのない天災が毎日のように起きています。
日々を無事に過ごせる事は、けして当たり前ではないことを思い知らされます。
被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。


それでは
またのお越しをお待ちしています。





  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

マドモアゼル オト



『La bonne table』を連載中にどうしても描きたくなった彼女です。
コマーシャルでお馴染みですね。
描き進めるうちに、乙姫と織姫を混同していることがわかり焦りました。
あと一人残っている人の彼女が織姫だったりして。
そんなことは、彦星が許しませんね。(笑)



  1. Oscar
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La bonne table あとがき

『La bonne table』をご覧頂きましてありがとうございます。
少し、あとがきを書いてみます。

最初はシリアスを考えていました。
オスカル様の結婚話が出た頃の胸の内を、アンドレが酔いの中で思い出しつい涙してしまうところに、彼女が女性としての力を振り絞って優しくしてあげる様を描こうかと。
でも何か空々しいセリフばかりになってしまい、萌えも感じず、彼らしさも彼女らしさも出てこない気がしてやめました。
やはり途中での進路変更。
懲りずにまたやってしまいました。(汗)
路線を変えてからは、思いがけず衛兵隊のメンツにも登場してもらえて、自分でも描いていて楽しかったです。
そしてまさかレーゲンスブルグの方々が出てくるとは。
思いつきと成り行きでこんな風になりましたが、なんとか収まって良かったです。(汗)
ドイツの彼女は機会がありましたら、もう少し大きく描いてみたいと思います。
本当に引きの絵は、他のもの以上に変なお顔、身体つきになってしまいまして、力の無さを思い知ります。

『La bonne table』は、アニばらの中で、失意の中アンドレがアランと出会う居酒屋の名前です。
オスカル様は行った事にはなっていません。

描いていて思ったのは、ヨル○モリという番組です。
いろいろな人が出会い、お酒を酌み交わし、語り合い、笑い合う。
ゲストも変われば、話題も変わる楽しい場所。
妄想には、そんなシチュエーションがなかなか都合が良いです。
『La bonne table』の扉を開けると、日常とは違う世界がそこにあるとか…。
昔話で恐縮ですが、NHK少年ドラマシリーズの『タイムトラベラー』の様だとも思ってしまいます。
あれを見た当時の私は、学校や我が家の扉を開けるのが少し怖かったのを思い出しますが。
かなり脱線しました。

ドイツの学生が奏でた曲ですが、これもなんとなくの思いつきで、ある曲の楽譜から描いてみました。
おわかりの方がいらっしゃると嬉しいです。
答えはそのうちに。

たくさんの拍手に感謝申し上げます。





  1. La bonne table
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La bonne table5



Fin,


注)
アンドレとオスカル様のフランス語での会話は、フランス語版から頂きました。
原文は、

André ,
On y va !
Tu es prêt ?

アンドレ、
行くぞ!
用意はいいか。

です。

原作では残念ながらアンドレの返事はありませんでしたが…。

メリ・メロは、フランス語でごちゃまぜを意味する
méli-méloです。

CIN CIN!(チンチン)は乾杯の時の掛け声だそうです。


お付き合い頂きまして、ありがとうございました。


追記です。
吹き出しを手直しして正しいものを更新しました。

たくさんの拍手をありがとうございます。





  1. La bonne table
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

拍手コメントのお礼 (5月24日〜6月7日 )

いつもご覧頂きましてありがとうございます。
拍手コメントのお礼をさせていただきます。

三様
『La bonne table』とその連載『1』『3』にコメントをありがとうございました。
はい、アニばらも好きです。
アニばらのストイック過ぎるオスカル様は、もう一人の彼女という感じで捉えています。
監督が男性なので、細かいところは原作に近いところもありますが、かけ離れたところもあります。
いろいろな意見も耳にしますが、私は概ね満足しています。
あの頃のテレビアニメで出来うる技術と労力を注ぎ、物語を全力で作りあげて下さったと感謝すらしています。
後半、絵は変わってしまい、ここも賛否の分かれるところですが、それも私はお二人の成長とみてしまっていますし、あの時代の夜7時のアニメで、あんなに大人な物語を放送してくれた事は、制作側の努力の賜物と思ってもいます。
主題歌もオスカル様の奏でるピアノの響きも『優しさの贈り物』をはじめとする挿入曲も、全てが身悶えするほどに好きです。
最後の方の解釈も…
つい喋り過ぎてしまいますね。(汗)
またその回が近づいたらにしましょうね。
『La bonne table』は、コンパクトにまとめようと努めていますが、あと1ページお付き合い頂けますと幸いです。
今だいたいのコマ割りが済んだところですが、また膨らませ癖が出ない様に眈々と進めていこうと思います。
衛兵隊のメンツとオスカル様、アンドレとの絡みは私も好きなのですが、残念な事に力量不足から描ける範囲でということになってしまいそうです。(汗)

それから原作のアランの立ち位置ですが、三様が仰る通り、ロザリーと同じで私達の代弁者であると私も思いますです。
拉致事件の時の『美しい』も新エピでの『あの方』も代弁者であるが故に読み手の心をぐっと掴んで離さず、そのまま感情移入ができるのだと思います。

三様、数々の温かい励ましのお言葉を頂きまして感謝です。


たくさんの温かい拍手にも感謝しています。
次作への励みになっています。

また一週間が始まりますが、隊長…もとい、体調を整えて頑張りましょう!

それでは
またのお越しをお待ちしています。





  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La bonne table4

お立ち寄りありがとうございます。
そんなに変わっていませんが、加筆修正したものを更新しました。
以前のものにも温かい拍手をありがとうございました。





A suivre… ( 続く )

1ページ増えてしまい、次回最終回です。(汗)




  1. La bonne table
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


« 2015 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR