機内にて

たとえこの身は滅びようと、最後まで戦わなければ。
死んでいったこの者達の為に。
アンドレ、お前の為に。
今、私は、そのために生かされているのだから。
行くぞ、アンドレ。
私が迷うことなく突き進めるよう、お前達が導くこの道を。


行きの飛行機の中で、見てしまった『寄生獣』。
いつもなら見ないであろうお作です。
救いのない残酷なシーンに目を背けたくなって、残り3、40分を残して、消してしまおうと思った時にこれが浮かびました。
たくさんの死体を見て、彼女が何を思ったのか。
どんな風であったのか。
『寄生獣』では、主人公が過呼吸になって、でも寄生獣の言葉で奮い立ち、相手に向かって行きます。
あの13日の夜、たくさんの亡骸を前に、彼女の中をどんな感情が巡ったのでしょう。
原作には、アンドレを亡くした慟哭までしか描かれていませんが、彼女の心の整理の付け方に少しでも近づく事が出来たらと思います。


前の席に座っていた、5歳さくら組のイケメンとお喋りが出来て楽しかったです。
彼は、たまに二重の瞳をくりくりさせてこちらを覗き見るのです。
本当に純粋でキラキラした瞳に、すっかり濁ってしまった私はクラクラ致しました。
『パリに行くんだ』とトランスフォーマーや飛行機のおもちゃを見せてくれたり、モニターの上でおもちゃをかざして気を引こうとしたり。
その小さな手を愛しく思いまして、握手の手を伸ばしてみたら、丸い掌を預けてくれました。
『これから君は何度空を飛ぶの?』
聞いてみたところでご本人にもわからないことではありますが(笑)、大きくなった彼がどこか外国で活躍されていたらと思うと、これからの世の平和を祈らずにはいられませんでした。
トランスフォーマー。
彼にはヒーローなんでしょうか。
自論ですが、男子にはヒーローの存在は不可欠と思っています。
小さなその心にヒーローが宿っていたら、その子の将来は明るいものになると考えます。
女子もそうかもしれませんが、考え方が大人で冷めていますので、男子のそれとは違うかと思います。
それでも『オスカル様』は、私の中にずっとあって、ある日また鮮やかに蘇った私のヒロインでもありヒーローでもあります。
子供の時にお会い出来て、本当に良かったと思います。

『寄生獣』
ご覧になった方はご存知だと思いますが、アニばらのオスカル様、田島令子さんがご出演されていました。
残念ながら、時間的には短いご出演で惨い最後ではありましたが、アニばらも好きな私には、キャーキャーものでした。
今後の益々のご活躍も楽しみにさせて頂きます。




スポンサーサイト
  1. フランス旅行記
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

拍手コメントのお礼 ( 4月25日〜4月27日 )

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。
拍手コメントのお礼をさせて頂きます。

ア様
『じゅんばん』にコメントをありがとうございました。
ばあやは嬉しいですよね。
夢にまで見たお嬢様のローブ姿で、きっともう、上のお姉様方がお嫁に行かれて何年もこのように華やぐ事もなかったのではないでしょうか。
抜かりのないように最善を尽くし、彼女を送り出したはずですね。
背の高い方への着付け。
そうですね、大変ですよね。
ばあや一人でしたわけではなくて、彼女の指令のもと、若い侍女達が着付けていったのかもしれません。
この時のオスカル様の心には、アンドレのアの字もありませんから、会話もさらりとしていますね。
でもこのローブ姿は、フェルゼンとの決別の為。
彼もその辺りは理解していたでしょうか。それとも、それ以外の非常事態も想像したでしょうか。
要はフェルゼン次第という感じもしますので。

三様
『オトコゴコロ』『じゅんばん』にコメントをありがとうございました。
彼にこんな事を言わせてしまって、彼のファンの方はどうお思いになるかしらなんて考えましたが、一般的に男子はこんなかなというところで描いてしまいました。
彼はどうなのでしょうね。
オスカル様に話しかけてもらったら…。
私は、真っ白になってしまって真面な言葉が出てこないと思います。(笑)
お話は上手く出来なくても、手の甲に○○してもらったり、ハグしたりはしてもらいたいです。
もう常軌を逸してしまいそうです。(笑)
オスカル様を壁に。
他にもおいでだと思いますよ。
私は部屋を持っていなかったので出来ませんでしたが、その反動が今にという感じです。
ドールやカレンダーを置いてみたり、文庫本をその辺に広げっぱなしにしたり、家族の前で絵を描いたり。
好きなものは好きと言えるのが幸せです。
7月の梅田楽しんできて下さいね。
『じゅんばん』のオスカルさん、お褒め頂いてありがとうございます。
どこかの国の王妃に。
そうですよね。
彼女は何にも流されず、民衆に心を傾ける良い王妃になったのではないでしょうか。
オスカル様に似た方。
私も考えた事があります。
この方と思うとチェックしてますが、なかなか手強いです。(笑)
以前モデルさんでいらしたのですが、まだ無名な方でしたし声もどんなかわからなくて。
良い方がいらしたらお教え下さいね。

たくさんの温かい拍手にも感謝しています。
次作の励みにしています。

さてさて。
世間はそろそろゴールデンウイークですね。
いつもは祝日も仕事の私ですが、今回はお休みして旅行に行って来ます。
旅先で更新出来たらしますね。

それでは
またのお越しをお待ちしています。




  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

じゅんばん




舞踏会の支度の場面を再び。

ヘアスタイリングが先かコルセットが先か。
原作では、ヘアスタイリングの事は描いてありませんが、コルセットとローブの事はオスカル様とばあやの会話だけで表現されていますね。
そしてその吹き出しの直ぐ後に『見ておいで。』というニコニコ顏のばあやとアンドレ。
ここから推測しても、御髪、コルセット、ローブの順に整えて異国の貴婦人の出来上がりということでしょうか。
何かの映画でわかりそうですね。
アニメはどうなっていたかしら。
ちょっと今検証する事が出来ないのですが。

このイラストの着衣ですが、ロザリーがよく着ているものです。
でもこれをお召しになって髪を結ってしまったら、お着替えが出来ないかも…。(汗)
後ろでリボンで止めてあって、紐解くとひらりと脱着出来るということで宜しくお願いします。(笑)

以前にもこんな支度をしているイラストを描きましたが、急に今度は髪を上げてるのと、この衣装が描きたくなりました。
余計に誰なのかわからなくなってしまいましたねぇ…。(汗)






  1. Oscar
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

オトコゴコロ




『ずっと言ってみたかった言葉があるんだが…。』
『なんだ?』
『他の男と話をするな。』
『!』
『お前、今笑わなかったか?』
『あいにく男と話をしなければ仕事にならん。今更なんだ。無茶苦茶だな。あはは…』
『…言ってみたかっただけだ。忘れてくれ。』
『…笑ったりして、悪かった。お前の気持ちは受け取ったからな。』


彼は、日頃男の中で働く彼女のさりげない仕草に、危ういものを感じていたのではないしょうか。
そんな自分に気付いていない彼女が、彼の頭を悩ませているとすれば。
ずっと言わないでおこうとしてもそうはいかない男心。
いつの頃からか思っていた事をやっと言えたけれど、それは無理な願いだと彼自身も十分わかっているはずですね。
彼女は、無茶な事を言い出した最愛の人の、男としてのストレートな感情を面白がりながらも彼の今までの苦難を受け止め、少しの幸福感とともに胸にしまうのです。
彼も彼女も束縛する事とは無縁な気もしますが、恋愛感情とは一筋縄ではいかないもの。
言わない方が身の為だとわかっていながらも、言っておきたい事、言わずではいられない事ってあると思います。
『俺の気持ちを心の片隅においてくれ。』
このアンドレのオトコゴコロは、こんな感じでしょうか。

以前の記事で恐縮ですが、『私を一人にしないで』の場面のお二人がお揃いをお召しだと書いたのは誤りでした。
訂正させて頂きます。







  1. Oscar et André
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

拍手コメントのお礼 ( 4月4日〜4月15日 )

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。
拍手コメントのお礼をさせて頂きます。

三様
『系譜』にコメントをありがとうございました。
Bébé オスカル様のまつ毛本当に長いですよね❤️
それにしても、父上ったら跡継ぎが出来たからと、嬉しさのあまり新生児で首の座らないオスカル様をあんな風に抱き上げてはいけません。(笑)
近くで婆やが窘めてますね、きっと。
お名前の由来がわかって良かったですね。
本当に読み応えがありました。
ですが実は私、最近遅まきながらこのエピソード6ショックにやられています。(汗)
以前のゼクシィの結婚式もそうでしたね…。
あのお二人の苦しみがなんだったのかというのを考えると、エピソード6はゼクシィのものと同じ扱いにしなければ、私の中で40年以上前の本編が成り立たないのです。
頑固なんでしょうね、私が…。

ア様
『母と娘』にコメントをありがとうございました。
喜んでいただけて嬉しいです。
足だったという場面ですが…。
ジョルジェットもレニエも、若さゆえの激しさではあるのでしょうし、彼女は結婚してしまっては会うことも出来ないと思えばこういう事になるのでしょうね…。
彼女としては、ウリアスさんは優しくて良い人だけれど、家の為とは言え結婚となると違う。
偽った心のままの結婚に諦めかけた時レニエと再会し、それは弾けて自分に正直になれたのでしょう。
さすがオスカル様の父母だとも思うのです。
思うのですが…。
頑固です、私。(笑)

ゆ様
『うたた寝』にコメントをありがとうございました。
お久しぶりですね。
お忙しい中、お立ち寄り頂いて嬉しゅうございます。
拙ブログもお陰様でどうにか続いています。
アランには、また夢で会って頂こうと思います(笑)ので、また宜しければお付き合い下さい。

たくさんの温かい拍手もありがとうございます。
次作への励みにしています。

寒いのと疲れも重なって、家人が具合を悪くしました。
もう良くなりましたが、皆様もお身体ご自愛下さいませ。

それでは
またのお越しをお待ちしています。




  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

うたた寝




『アーラン!』
『ア・ラ・ン!』
『ん⁉︎ なんだよ、お前ら…楽しそうだな。
あ…あ、待て!
行くなそっちには…。
待てよ。行くな、行くな、行くなぁ…。』

あ…
夢か。
今度はふたりともガキだったな。
ふたりって…。
見たことも会ったこともない子供を、夢の中の俺はなぜあのふたりだと思えるのだろう。
走っていく先には何があったのか。夢の中のふたりはどこに駆けて…。
いや、いや、楽園に決まってるじゃないか。
俺は、ただ引き止めたかっただけか。
今、ここにいて欲しいから。
『ふ、ふ…』
あいつら笑っていやがったな。



ベタ過ぎて、あまりやってはいけない夢オチです。(笑)

本当に夢は不思議ですね。
見たことのない人や場所を、夢の中の自分は十分知っていたり、現実には面識のない人と旧知の仲のように喋っていたり。

将軍として軍を指揮し、張り詰めた中での休息の午睡。
夢と言えど、こんなお二人のご出演は、少し胸が痛くなるかも。
お茶目な彼女が『おい、アランおきろ。』なんて耳元で囁くほうが彼には嬉しいかしら。
夢か現か幻か。
どんな形でも、彼女が笑いかけてくれれば、それで彼は幸せな気持ちになれたのではないでしょうか。


14日7時55分に追記します。検索してましたらこんなのが出てきました。

『うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものは頼み初(そ)めてき』
出典古今集 恋二・小野小町(をののこまち)
[訳] うたたねの夢に恋しい人を見てからは、あてにならないと言われる夢というものをも、頼りにし始めてしまった。

アランの思いもこんなだったかなと思い、載せてみました。





  1. Oscar et André
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

母と娘




『ははうえ…』

『オスカル…ここにいらっしゃい。』

『ごしんぱいはいりません。ちちうえは、わたくしがりっぱなしょうぐんになれるようにおおしえくださるのですから。』

『そうですね、オスカル。』

『わたくしは、おとことしてこのいえをまもらなければなりません。ははうえもあねうえも、わたくしがおまもりします。おとこは、ないてはいけないのです。』

『オスカル、ありがとう。
でも今はこの母が悲しいのですよ。
ここに来て母を慰めてくれますか?』


父上との剣の稽古で、上手くいかずに叱られたオスカル様。
父上が去り、涙を堪えていたところに母上が。

勝手な妄想ですが…。
オスカル様は、小さい頃はあまり表情もなくて、ただ素直に父上の言う通りに育っていったのではないかと思っています。
そんな娘が母上には心配で。
いつもどこかから様子を伺っていたかもしれませんね。
娘が健気に父上について行こうとすればするほど、母上の胸は痛んだのではないでしょうか。

抱き癖がつくからあまり抱っこはしてはいけないなんて時代もありましたが、存分にしてあげる方が情緒は安定するのだと思います。
シンプルに頭を撫でるというのも大事なことかもしれませんね。

ご自分から母上のところに行って泣く。
小さなオスカル様には案外難しかったのでは…と思いこんなのを描いてみました。
小さい子に芽生えたプライドを、傷付けない様に接する母上が描けていれば嬉しいです。




  1. Oscar et ……
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

系譜




とても短時間での更新なので、粗いですが置いていきます。
父上がかっこ良かったので、つい描きたくなりました。
母上もとても美しくて、思慮深く芯がしっかりとした方ですね。
さすがオスカル様のご両親です。
情熱的でいらっしゃいます。
父上の『行くがいい…』とは、ご自分もそうして来たから言える言葉だったのですね。

Bébé オスカル様がお可愛らしくて、結構長い時間見惚れていました。
『オスカル、私の息子だ。わかったな!』のコマの後姿のBébéオスカル様のまつ毛にキュンとしてしまいました。
お姉様方も可愛らしかった。
賑やかな会話が聞こえてくるようでした。

長編でしたが、あっという間に読み終えてしまいました。
もっともっとと思ってしまうのは贅沢な事と知りながらも、オスカル様とお姉様方の絡みや、お母様の心の内なども今後描いて頂きたいです。

春の日に相応しいお話でしたね。
展開もあっぱれでした。
新作を読んだ後ではありますが、さらなるエピソードの発表を楽しみにしています。




4月5日11時45分、少し手を入れてみたものも置いていきます。
前の作品にも温かい拍手をありがとうございました。





  1. etc…
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

新エピ6オスカル様出生の秘密後編を読みました。

今、読みました。
先生お疲れ様でした。
圧巻でございました。ふぅ。

史実は、前編を読んでの考察とほぼ同様に事は運びましたが、フィクションの部分には驚く場面が多かったですね。
先ず偽名。
気付きませんでした〜。
そうだったのですね。考えも及ばないものでした。
やはり父上の名は、今までの認識通りということで落ち着きホッとしました。
そして、若かりし父上の母上との情熱的な再開…。
最初はわかりませんでした。
後の母上の言葉で『ん⁈』となりまして、数ページ前の絵をくるっと回して…
『え〜!!!』
絶句してしまいましたです。はい。
足だった、手ではなく…。
奪ってしまったんですね、父上。
アンドレより情熱的かもなんて思いました。
そしてまた最後2ページへの胸の高鳴り。
そういうことだったのですね〜。

ひいお祖父様がルイ13世の宮廷画家だったこと、それで貴族の称号を頂いたことをご存知のお母様は、その事を常々娘に言ってあげていれば、少し前に決まった縁組だったかもなんて、親の立場からは思います。
修道院の前で画家さんに出会って本当に良かったですね。

最後のフランソワとロレーヌには泣けました。こんな結びが出来ようとは。
さすがです!先生!
読み応えありました。
ありがとうございました。

まだ少々興奮しておりまして、言葉遣いが怪しいですが、先ずは、ここまでにします。ふぅ。





  1. あれこれ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

拍手コメントのお礼 ( 3月29日〜4月3日 )

いつもご覧頂きましてありがとうございます。
拍手コメントのお礼をされて頂きます。

ば様
『拍手コメントのお礼』と『オスカル様ドール初見参!』にコメントをありがとうございました。
お忙しい中お立ち寄り頂いて感謝です。
マーガレット購入されたのですね。
後編も明日明らかになり、楽しみです。
ドールは早霧せいなさんに。
確かに似ている様にも見えますが、きっと、そのお顔にはどなたも思い入れがあり、ジェンヌさん達のどの方似というのは、なかなか難しいです。
今回のドールは、角度や御髪の感じから、いろいろと表情が変わります。
希望に満ち溢れたお顔も、不敵な笑みも、儚げな背中も、表現出来ていて素晴らしい出来だと思っています。
お人形を画像にしてみて初めてわかったことでした。
軍服は、緋色は見事でしたが、金モールが少し残念でした。
フィギュアなどを入れる透明なケースが届いたので、その中に入れて飾ろうと思います。

三様
『オスカル様ドール初見参!』と『お揃い2』、『桜舞う裏庭にて』にコメントをありがとうございました。
三様には、いつも紙に向かう気持ちを後押しして頂いています。
オスカル様ドールの画像を喜んで頂いて嬉しいです。
いつの間にか、子供の支度をしてあげるようにドールに向かっていました。(笑)
それこそ『きゃー』とか『可愛い〜』『綺麗よ〜』とか、言いながら写真を撮っていたのです。
家人は呆れながらも放っておいてくれました。(笑)
後ろ姿の画像は、改めて見てみると良い感じですね。
たくさん撮った中で、途中でどれを選んでよいのかわからなくなり、たまたま入った一枚でした。
オスカル様のブラウス。
お店で見たことはないですが、ネットで見たことはある様な気がしますよ。コスプレ用だったと思います。
私はカシュクールのワンピースは持っていますが、黒っぽい柄のものです。
白は汚れるのが悲しいとか、雑念ばかりの自身には似合わない色と思いあまり着ないです。
彼女の髪型。
子供の頃、留守番をしながらふとローブの髪型を真似ようと思い立ち、あれこれとやったことがあったのですが、やはり黒髪ではだめだというのが結論でした。
先ずはキラキラ煌めく金髪にしなければ。
一度でいいので、ドールの様な金髪にしてみたいものです。
いっそのこと東京宝塚の前にある日比谷シャンテで、オスカル様のお支度をしてお写真を撮ってしまうというのもありだと思いますよ。
女神の様に美しい彼女。
三様が仰るように、本当に私も彼女にクラクラしたままです。
なんなのでしょう。
ここでたくさんのものを吐き出していますが、まだ足りなくて。
他にはそんな対象はないのです。
動くお二人を。
三次元のお二人は見てみたいです。
ちょっと話もしてみたい。(笑)
明日海りおさんのアンドレは観たことがないので語れませんが、エリザベートのトートを演じられてあるのを観て美声と足の長さにやられました。
アニメは子供が小さい時によーく観ていました。原作との違いはあまり追求せずに観ていたので、間をおいて原作を再読した時の衝撃は大きかったです。
今は原作が全てで他は二次的なものだと思っていますが、各々の作品が単独で素晴らしいですね。


たくさんの温かい拍手にも感謝しています。
次作への励みにしています。

いよいよ明日、新エピオスカル様出生の秘密後編が掲載されるマーガレット9号が発売になりますね。
所用で朝からは読めないのが残念ですが、また集中して72ページに向かいたいと思います。

それでは
またのお越しをお待ちしています。





  1. 拍手コメントお礼
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »


« 2015 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR