La bonne table あとがき

『La bonne table』をご覧頂きましてありがとうございます。
少し、あとがきを書いてみます。

最初はシリアスを考えていました。
オスカル様の結婚話が出た頃の胸の内を、アンドレが酔いの中で思い出しつい涙してしまうところに、彼女が女性としての力を振り絞って優しくしてあげる様を描こうかと。
でも何か空々しいセリフばかりになってしまい、萌えも感じず、彼らしさも彼女らしさも出てこない気がしてやめました。
やはり途中での進路変更。
懲りずにまたやってしまいました。(汗)
路線を変えてからは、思いがけず衛兵隊のメンツにも登場してもらえて、自分でも描いていて楽しかったです。
そしてまさかレーゲンスブルグの方々が出てくるとは。
思いつきと成り行きでこんな風になりましたが、なんとか収まって良かったです。(汗)
ドイツの彼女は機会がありましたら、もう少し大きく描いてみたいと思います。
本当に引きの絵は、他のもの以上に変なお顔、身体つきになってしまいまして、力の無さを思い知ります。

『La bonne table』は、アニばらの中で、失意の中アンドレがアランと出会う居酒屋の名前です。
オスカル様は行った事にはなっていません。

描いていて思ったのは、ヨル○モリという番組です。
いろいろな人が出会い、お酒を酌み交わし、語り合い、笑い合う。
ゲストも変われば、話題も変わる楽しい場所。
妄想には、そんなシチュエーションがなかなか都合が良いです。
『La bonne table』の扉を開けると、日常とは違う世界がそこにあるとか…。
昔話で恐縮ですが、NHK少年ドラマシリーズの『タイムトラベラー』の様だとも思ってしまいます。
あれを見た当時の私は、学校や我が家の扉を開けるのが少し怖かったのを思い出しますが。
かなり脱線しました。

ドイツの学生が奏でた曲ですが、これもなんとなくの思いつきで、ある曲の楽譜から描いてみました。
おわかりの方がいらっしゃると嬉しいです。
答えはそのうちに。

たくさんの拍手に感謝申し上げます。





スポンサーサイト
  1. La bonne table
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La bonne table5



Fin,


注)
アンドレとオスカル様のフランス語での会話は、フランス語版から頂きました。
原文は、

André ,
On y va !
Tu es prêt ?

アンドレ、
行くぞ!
用意はいいか。

です。

原作では残念ながらアンドレの返事はありませんでしたが…。

メリ・メロは、フランス語でごちゃまぜを意味する
méli-méloです。

CIN CIN!(チンチン)は乾杯の時の掛け声だそうです。


お付き合い頂きまして、ありがとうございました。


追記です。
吹き出しを手直しして正しいものを更新しました。

たくさんの拍手をありがとうございます。





  1. La bonne table
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La bonne table4

お立ち寄りありがとうございます。
そんなに変わっていませんが、加筆修正したものを更新しました。
以前のものにも温かい拍手をありがとうございました。





A suivre… ( 続く )

1ページ増えてしまい、次回最終回です。(汗)




  1. La bonne table
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La bonne table3




A suivre… ( 続く )






  1. La bonne table
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La bonne table2




A suivre… ( 続く )






  1. La bonne table
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »


« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

lesyeuxsaphir

Author:lesyeuxsaphir
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR