ロザリー編の感想文

とっても遅ればせですが、ロザリー編の最終話はご覧になりましたか?
私は発売日に読みましたが、なかなか感想というのは纏まりませんで、パスしてしまおうかとも思いました。

驚きはやはり、ポーの一族と化したあの方の杳としてしれなかった先の真実。
エドガーのお顔は理代子先生の手によるものだと思いますが、こう見るとあの方の物悲しい雰囲気はそちらに繋がりそうな感じもしないでもないですね。
今後、ポーの一族にもゲスト出演されるなんてことがあったら面白いなと思います。
とは言うものの、ポーの一族は馴染みではないので、私はあまり多くを書くのはやめますね。

それにしてもフェルゼンの最期の絵は壮絶で、圧倒されました。
『このような姿で君たちに会いにゆくのか…』
少し込み上げてきましたが、おそらくそのような姿ではありませんと言って差し上げたい気持ちになりました。
都合の良い話ですが、華やかな頃の姿で会えると思います。
愛する方の死後もこんなに思っていたのですからね。
そこにオスカル様もアンドレもいて、身分などもなく、一つ年上の彼が少し偉そうにしているなんてのも想像すると楽しいです。
とにかくあちらでは、ありのままの心でお幸せに。





今描いているものですが、完成するのかわからないくらい行きつ戻りつしています。







スポンサーサイト
  1. あれこれ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

コマコマ12




『さえずり』を描いています。


24日の水曜日に世田谷美術館で開催中の『パリジェンヌ展』に行ってきました。
用賀駅から美術館のある砧公園へ、寒い中雪の残る道を歩きました。

平日の美術館は空いていましたが、美術鑑賞会の小学生が。
しんとしている美術館よりは、少しくだけた感じで居心地は良かったように思います。
中村江里子さんと梅原裕一郎さんの音声ガイドも心地良く、その中でとても気に入ってしまった曲がありました。
Pauline Viardot- Garciaのセレナーデです。
物悲しい中にも力強い印象が耳に残る曲です。
お聴きになりたい方はポリーヌ・ヴィアルド=ガルシアでは引っかからないかもしれませんので、Pauline Viardot- Garciaで検索してみて下さい。








  1. あれこれ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

迷い




更新がなかなか出来ない中、過去のものにたくさん拍手を頂いているようで、本当にありがとうございます。

上の絵はレイヤーの一部なのですが、この先どうしていいものか迷っています。考えすぎなのか、どうも筆が進みません。
色も変だ。
これでひとまず放置という手もありますが。

ところで最新のロザリー編はお読みになりましたか?
今回ジェローデルの事を『オスカル様といくつも違わないはずだから、50歳近いお歳のはず…』
というロザリーの言葉に、勝手に50歳のオスカル様を想像し辛くなってしまいました。
それはそれは美しい50歳だとしても、なかなか受け入れられない自分がいる事を確認しました。
生きてアンドレと幸せに…と思う事もありますが、それは違いますね。
やはり、限られた人生を精一杯生きたからこそ彼と彼女は輝いているのだと思います。

ジェローデルは黄泉の国から来たのか否か。
この間観た『鎌倉ものがたり』がとても面白かったので、黄泉の国もありかなと思います。
ロザリー的には、どうせならそこでオスカル様が救いに来てくれた方が良かったかも。
次回最終回が楽しみです。




  1. あれこれ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

グラデーションとグリザイユ

は様よりコメントを頂きまして、背景にグラデーションをかける以前のものとその後のものを載せてしまおうかと思います。








いろいろやってみて偶然こんな風になりましたが、私の腕でやったのはこのグラデーション以前のものまでです。汗
まさにデジタルの為せる技。
彼女の顔はグリザイユのものより少しこちらを向けて、右の睫毛をはっきりさせました。
いつも睫毛一本ずつが、結構手強いです。

グリザイユについては、コメントを頂いていませんが、これもどんなものか載せてみたいと思います。
最初に白黒のイラストを描きました。
この絵の濃淡が重要です。




こう見ると彼が黒過ぎましたかしら。
これに基本となる肌色や髪の色を、違うレイヤーで乗せますと…。





本当はこんな事ではないのかもしれないのですが、まあ、私的にはこれで良いのです。
『あら不思議』な感覚が味わえました。

初めての事でワクワクしましたが、描線が無いのは慣れるまでどう描けば良いのかわからず、消しゴムを多用したり、ぼかしてみたり。
いっその事、手で擦れれば良いのにと思うほど焦れったかったです。笑


いつもお立ち寄りありがとうございます。
拍手やコメントがとても励みになります。
でも、くれぐれもご無理のないように。
覗き見歓迎です。笑










  1. あれこれ
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

2018ご挨拶

『え、写真?』

『せっかくJaponの着物を着たんだから、新妻の写真を年賀状というものにしたい。』

『肖像画のようなものだろう?
そんなものに収まるのは、私はごめんだ。』

『一瞬で撮れるから、肖像画より楽だぞ。
ほら、こっちを見て。』





『なんだ、これは!
私は果敢にレンズとやらに顔を向けたが…』

『いやいや、こちらを向いたものも良かったのだが、こっちの方が優しげで良いなあと…。』

『…』



…着物の色や柄を考えるのが楽しくて、気づいたらこんなのになってました。ごめんなさい。汗

Bonne année ! bonne santé !
(明けましておめでとうございます。今年も健康でありますように。)


初詣をして初日の出を拝み、お雑煮をいただき、これから『鎌倉ものがたり』を観に行こうと思います。


日付が変わり塗り残しを発見しましたので、画像を差し替えました。
前のものにも温かい拍手をありがとうございました。




  1. あれこれ
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »


« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR