La forêt éveillée (目覚めの森)




時々ぴゅうと吹く風に、震える花葉と逞しい幹。
奥ふかく秘められたその場所は、今まで辿り着いたことのない泉。
その水は次第に満ちて、深い蒼に染まる。

『おい、こんなところに花が。』

摘まれることを拒む大地は、森の囁きにうなづく。
手折ることなどせぬよう自分が守ると。

森は大地を包み、大地は森を育む。
ほの暗い静寂の中、花葉は目を閉じその時を待つ。
来る日も来る日も。
そして…。

アンドレ…お前にいだかれ、私は目覚める。




22日23時48分にまたまた画像を差し替えました。
これで終わりにすると思います。
前のものにも温かい拍手をありがとうございました。







スポンサーサイト
  1. La clef ( 鍵 )
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La claire fontaine(清らかな泉)




どうにも気に入らないところがあって、まだ描いていました。
これで終わりにします。

26日13時35分に画像を差し替えました。
pixiv用にいじっていたら、気になるところがまた出てきてしまい、この始末です。汗
題名も変えてしまいましたが、ご容赦下さい。
『à la claire fontaine』というフランス民謡があるようです。
動画サイトでいくつか見てみましたが、教会で賛美歌のように歌っているのがいいなと思いました。
告別式に流れることもあるそうです。

彼女のお誕生日企画のようになってしまい、来月これ以上に頑張れるのか少し不安です。笑

このシリーズにたくさんの拍手をありがとうございました。





  1. La clef ( 鍵 )
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

La résonance(響き)2




前回の別バージョンです。
ペン画は、細かいところが少し変えてあります。

前回、前々回のものと一緒に鍵の部屋にいれました。



  1. La clef ( 鍵 )
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

la résonance(響き)




油絵は、高校の時少しだけ描いていましたが、当時はあの匂いがあまり好きではありませんでした。
今回はデジタルで油絵タッチなる筆で描いてみました。
あまり効果的な筆ではないように思いましたが、細かく色を追いたいいつもの作業と違い、ちゃちゃっと色を置くことが楽しかったです。

いつもと違うもので、お立ち寄りの方々は少し驚いてしまったかもしれませんね。

このペン画では、いつものような描き方もしてみようかなと思います。





  1. La clef ( 鍵 )
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

横道2




友人に誘われて、国立新美術館で開催中の日展に行ってきました。
全国の画家さん、作家さんの渾身の作品を鑑賞して帰ってきましたら、こんなのが描きたくなってしまいました。
なぜかしら…。
拙すぎてお恥ずかしいですが。

地下のカフェでランチをしながら、同じところで開催中の『新海誠展』もハシゴしようかと話していたのですが、雨の中行列が出来ていたので断念しました。先にそちらに行くのが正解だったようです。

ミッドタウン辺りをウロウロして、少しクリスマスの雰囲気を感じてきました。
これから街はクリスマス一色になっていきますね。
どんどんお出かけの予定を入れていきたい季節です。








  1. La clef ( 鍵 )
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »


« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR