Avec toi (お前と一緒に)

2017年三が日に寄せて 2







16日23時頃画像を差し替えました。
これで終わりにします。

記念日なので背景をもうちょっとなんとかしたかったのですが、諸事情ありまして断念しました。
でもこのレース素敵なので、これからも多用するかもしれません。

前のものにも温かい拍手をありがとうございました。






スポンサーサイト
  1. 三が日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Un éphémère (かげろう)

2017年三が日に寄せて



幾度となく呼び合ったその名が、今は違う響きで夜半(よわ)の静寂に溶け合う。
お互いの声は、きっと出会った時から約束されていたのだ。

何者だ…
繰り返し寄せる激情と恍惚の狭間で揺れるのは。

来し方も行く末も案じず、怒りも恐れもなりを潜め、優しい温もりが全てを包みこむ。
私達は確かに、今を生きている。


『…起きていたのか?』

『お前があまりに儚い姿をしているから、かげろうのようにどこかに飛んで行ってしまうんじゃないかと心配でな。』

『馬鹿な…』

『お前が飛ぶ時は俺も…置いて行くなよ。』

『ふふ、…お前なしでは飛ばぬ。安心して休め。』






『…どうした。』

『わからぬ…なぜ涙が…。』











  1. 三が日
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

La couronne de fleurs ( 花かんむり )

三が日に寄せて




画像を撮る段になって、痛恨のミスが発覚。涙
少し残念ですが、画像を小さくしました。


これで、2016年の三が日、おしまいです。
ご覧頂きましてありがとうございました。






  1. 三が日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

La coquille de cigale ( 蝉の抜け殻 )

三が日に寄せて






こんな抜け殻をおいて、お前はどこで何をしているんだ。
どうして答えない?
私の質問には、必ずいつもお前の言葉で返して来たじゃないか。
私はお前みたいに気長じゃないんだ。早く答えろ。

この世のどこにもお前はいないだと?
信じられるか。
では、ここにいるのはなんだというのだ。
怒る相手がいないと寂しいだろうと…抜け殻ですがどうぞ…とでも言っているのか。

いつか2人で蝉の抜け殻を見たな。
ああ、確か父上がプロヴァンスに出かけた時、私達に見せたいと箱に入れて持ち帰って下さったのだ。
かさかさと引っかかるあの足の感触を覚えているか?
あれは脱皮したあとのものだった。
脱皮。
何を言っているのだ、私は。ふふ…。

『はいはい、俺はどうせ蝉の抜け殻だよ。だけど幸運のお守りだから、大事にしてくれよ。
明日はきっと良い事があるに違いないぞ。ははは…。
おかしな話は終わりにしてアランのところに行ってやれ。お前の指示を待っているから。』

…………。
ふふ、私まで抜け殻になってはいかんな。
ここにいてくれ。
すぐに戻ってくるからな。




新エピソードでは、父上がロレーヌ公国に行ったお話がありましたね。
プロヴァンスは距離にしてざっと倍です。汗
そんな移動をしたとは思えませんが、プロヴァンスには蝉がいて、蝉やその抜け殻は幸運のお守りと言われているそうなので、こんな感じにしてみました。
コマで描こうと始めましたが、時間が足りませんでした。
彼女の視線の先には、亡き夫が横たわっているという設定でお願いします。


8月1日、画像を差し替えました。
前のものにも温かい拍手をありがとうございました。






  1. 三が日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Le Baiser ( 接吻 )

三が日に寄せて





身の程も弁えずクリムトの『接吻』から描いてみましたが、世界観を壊してしまっていたらごめんなさい。

『接吻』でお二人を妄想する方は、結構たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
私もいつか描いてみたいと思っていました。

色鉛筆で金色が出せるのか、あまり考えずに描きましたが、加工でなんとかなっているでしょうか。汗
なかなか彼女の表情の答えが導けず、試行錯誤の上、またはっきりしないお顔になってしまいました。
もっと可愛らしく描いても良かったかもしれませんね。
描かなければいけない、崖っ淵も切れてしまいました。

『接吻』についての解説では、『恍惚』という言葉が多く出てきます。
描くにあたりいろいろ検索しましたが、私が一番しっくり来たのは、『魂の共鳴』という言葉です。
『恍惚』という女性の表情から受け取れるだけのものでは決してない、この二人の関係まで網羅している表現ではないかと思い、ベル脳の私は一気に萌えました。

本当は『恍惚』は私には難しすぎて、違う何かを探していたのだと思います。
うっとりとした表情はまたの機会に。







  1. 三が日
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »


« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

うたかた

Author:うたかた
『ベルサイユのばら』のオスカル様に恋い焦がれる『うたかた』の二次創作ブログです。
手描きのイラスト(デジタルのものも少し)と短い会話文で綴るサイドストーリー、コミック、雑文などを置いています。
原作をこよなく愛していますが、アニメも大好きです。
間違いだらけの拙い作品ばかりですが、大きなお心で受け流して下さいませ。
また、原作者様、出版社様等とは一切関係ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
2015年7月からpixivにも投稿していますので、宜しければお立ち寄り下さい。

fc2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR